2016/03/30

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、聴きました!! \(^o^)/

 3月30日、ついに『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』が発売となりました!!   やはり、過去のCDがひとつのボックスに収まるというのは感慨深いものがありますね。

各曲の感想は、以前からたくさん書いてますので、「ダイナ過去ログ」などをご覧くださいね。  スペシャルディスクについても、前の記事で少し言及してますので、今回は、書くとお約束していたリマスターのことと、座談会を中心にコメントすることにしますね。♪


         bar5-2


【リマスターの魅力】

 まだ時間がなくて、ごく一部しか聴いてないのですが……   キャハキャハ、やっぱり、ぜんぜん音が違う~ \(^o^)/ ♪♪♪   音に立体感と深みがあり、楽器ごとのパートもくっきり。  楽器の余韻まで綺麗に聴こえてくる。  以前のCDは、「くもりガラス越し」だったのだと実感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● Vol.1の「アスカ」、ギターのエフェクトがすごいですねー。  圧倒的パワーで迫ってきて、まるで嵐。  新旧比較すると、河口の波が、大海のうねりに変わったくらいに違います。

トランペット曲は、指の動きまで見えてくる感じ。  迫力だけじゃなくて、繊細な息遣いも伝わってくる。  ティンパニやシンバルは響きも抜群。  ドラみたいな音もはっきり聴こえてきちゃったりしてすごいですね。

ストリングスも、すっきりしたサウンドになってて綺麗だし、ピアノ曲はすぐ近くで聴いてるみたいで感動しました。(同じピアノでも、「僕の未来」は録音状態がいい。 ピアノの位地とか、スタジオの造りとかも関係あるのかしら?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● とにかく、18年目にして、目からウロコのすごいサウンド体験ができてしまったこと……、これはもう、ひたすら、高島幹雄さんに感謝するしかないですね。  ネットショップなどではいずれ試聴もできるようになるかと思いますが、試聴はファイルサイズ縮小のため変換したもので、CDはもっと高音質。♪  せっかく、高島さん&スタッフさんが頑張ってくださったのですから、是非、CDの良い音で楽しんでいただけたらと思います。


         bar5-2


【矢野立美先生座談会】

 座談会、とても貴重で、かつ興味深い内容ですね。  サントラは一人の力じゃできないですものね。  改めてそのことに気づかされました。

楽曲そのものの素晴らしさは言うまでもないですが、それだけではない。 このサントラはすごい。 何かが違う。 空気感が違う。 発売当時、そう感じました。  CDを手にしただけで、作り手の意気込みは、もう、ホントにひしひしと伝わってくるものがありましたね。  言葉にしなくても、受け取る側には、はっきり分かります。

いろいろな方のお力があったと思いますが、中でも藤田昭彦さんのご功績は本当に大きかったのですね。  心から感謝したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 私は「矢野サウンド命」の人ですが、今回ばかりは自粛モードにしときます。(笑) (まぁ、HPのお好きなところでも読んでみてください。 ほとんど、矢野サウンドのことしか書いてませんから … 爆)

そうそう、レコーディング時、笑っていたというエピソード、なんだか光景が目に浮かぶようで、こちらまで笑ってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● あと、ミュージシャン名が分かったのはすごくよかったです。  「出動命令」の(M50)などは、エリック・パワー全開な雰囲気だと思ってましたが、やっぱりそうだったんですね。  ほかにも、お馴染みの方が活躍されていたことが分かり、大収穫!! (私、スタジオ・ミュージシャン大好き人間なので)

作った音楽に曲名がついたときの矢野さんのお気持ちが伺えたのも嬉しかったです。  そして、曲名に関しては、やはり早川優さんの抜群なセンスがものをいう!、という感じですよね。  サントラ構成も素晴らしいですし、解説文も、今読み返してみても、神業だなぁと思います。


         bar5-2


【最後に】

 時間の都合上、割愛させていただいたこともたくさんありますけど、本当に、随所に魅力がたっぷり詰まったボックスに仕上げていただいたこと、本当に嬉しく思っています。

最後になりましたが、企画構成をしてくださった高島幹雄さん、座談会を取材し記事をまとめてくださった腹巻猫さん、そのほかのスタッフの皆様、いろいろご苦労もあったことと思いますが、本当にありがとうございました。

今回、映画『ティガ&ダイナ』サントラが復刻されなかったのは残念ですが、高音質盤発売の夢と希望だけは、これからもずっと持ち続けていようと思います。  (詳細は『映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」音楽に救いの手を!』の記事へ)


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/03/14

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、ジャケ写真発表!! &「今日のダイナ」

 3月30日発売の「ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX」、ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイトで、ついにジャケ写真が公開されましたね。

ユニバーサル公式アドレスは、http://www.universal-music.co.jp/p/upcy-9452

これ見ただけで、もうドキドキ。(*^o^*)   特に外箱、ダイナが生まれ変わったみたいで新鮮!!   何だか、わけもなく嬉しくなりますねー。♪♪♪


         bar5-2


 今回も、HP表紙 【今日のダイナ】転載します。

◆ リョウって、作品中よく叫んでますよね。  他の隊員もですけど、リョウの場合、1人で3人分の迫力で、観るものの心を掴まずにはおかない何かを秘めています。

中でも一番好きなのが、映画『ティガ&ダイナ』、デスフェイサー、ネオマキシマ砲発射寸前、危機一髪の場面で叫ぶ「ダイナ~~っ!!」  このワンシーン、すごいインパクトですよね。  たかが「叫び」と侮るなかれ、って感じです。

で、前後の「ダイナVSデスフェイサー」が超最高!!  映像も音楽(第8楽章「DYNA」)もめちゃくちゃ爽快!!  ダイナ・パワー炸裂ですねー。  実はこれ、「好き過ぎちゃって どうしよう~」な曲。(*^o^*)  (16.3.14)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 「アスカ」「父」「光」を象徴する音楽といえば、サントラVol.4 の「運命の光の中で」、「父から息子へ」、「遙かなる夢」。  偉大で、永遠の存在である父。その父とアスカが見た光のように神秘的で、心に迫る音楽ですね。  

脚本の長谷川圭一さんと、吉田伸さんとでは、アスカの父に対する想いにかなり温度差が感じられますが、それぞれの個性、考え方の違いが滲み出てくるようで面白いなぁと思いながら見てます。  様々な切り口で描かれたダイナですが、「脚本家がダイナに託した夢」というのもあるのかもしれませんね。  (16.3.13)


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/03/06

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、カウントダウン &「今日のダイナ」

 2月27日の高島幹雄さんツイッターに「ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX」の完成間近らしきボックス写真が載ってましたけど、ワクワクですね~。♪   発売まであと3週間ちょっと、既にカウントダウン・モード。(*^o^*)

新しいCDの透明フィルムを開封する瞬間の、独特の期待感と緊張感って好きなんですよね。  音楽を先に聴くか、ブックレットを先に読むか、どっちにしよう…… 迷っちゃうなぁ。(=^-^=)   空想は 空を飛んで、もう「その日」に着地してます。♪♪♪


         bar5-2


 HP表紙 【今日のダイナ】転載の続編です。

◆ 『最終章』は魅力の宝庫ですが、悪役だったはずのゴンドウ参謀が突然ヒーローになるというサプライズ展開も大好きです。  反則ですよね、これ。(笑)  関連シーンのリョウも最高!!

ゴンドウ参謀の光がダイナに照射される場面から流れる「ダイナサントラ Vol.3、対怪獣作戦発令」、ダイナの力強い闘いを援護するようで熱くなりますね。  

同じく、パワー漲る音楽といえば、「Vol.3、紅蓮の大都会」、「Vol.3、大功防戦」がありますが、3つとも、『最終章』で大活躍。  「紅蓮の大都会」は、『クラーコフ浮上せず』の初登場で一目惚れ(一耳惚れ?)した曲で、激燃えです! (*^o^*) 

『最終章』戦闘関連では、敵の脅威を表現した「Vol.4、グランスフィア」も壮大で素晴らしい!!  元々お気に入りだったけど、最近またハマり直してます。  (16.3.6)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 『君を想う力』といえば、「ダイナサントラ Vol.4、Be My Sweet Heart」。  ノスタルジックすぎて、何度聴いても泣ける、泣ける。  ヒラオさ~ん、リョウちゃ~ん、元気ぃ~?  今頃、どうしてるのかなぁ? ……  この物語、大人のリョウ(斉藤りささん)がまた、抜群にカッコいいんですよね。♪  (16.2.29)


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/02/28

映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」サントラ、アルファ計画?

 人によって、「新規ダイナ・サントラ」に入れてほしい曲は様々だと思いますが、『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』では入らなかったものを、一切合切全部まとめて、『リマスター盤 映画ティガ&ダイナ +アルファ』として、コロムビアから出してもらうというのもありかもしれないと、ふと思いました。

コロムビアでも、他社音源を入れることはできるでしょうし。  音源紛失の場合は、映像のほうからトラックダウンしてしまうとか??   ← 題して「アルファ計画!」(笑)  

いずれにしても、リクエストは直接コロムビアへ。  この記事の大元は、『映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」音楽に救いの手を!』になります。


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/02/26

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、5枚全部の収録曲発表!!

 『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』、アマゾン、その他のネットショップでは、5枚のディスク全ての収録曲がついに発表になりましたね。\(^o^)/

TVサントラ4枚は、収録曲はオリジナルのままですが、なにしろ期待のリマスター!!  これについては、実際に音を耳にしてから改めて語りたいと思います。

5枚目、特典ディスクの収録曲ですが、エンディングテーマも無事収録されて嬉しいですね。♪  ED主題歌、挿入歌がずらりと並んでいますが、発売から18年も経過した今、何枚ものシングルを集め直すのはとても大変だと思います。 それが一枚のディスクに収められたというのはとても有意義なことですね。  コンピレーション・アルバムでは、カラオケが入らないものも多いですから、ますます貴重です。  

余談ですが、昔、カラオケばかりを集めたコンピレーション・アルバムが結構出てて、メタルヒーローものや、名作アニメものなど、ほしいCDがたくさんあるのですが、某オークションで恐ろしい金額 (笑) になってたりして。  「カラオケ好き」としては、何とか復刻してほしいと願うばかりです。  あ、話が逸れてすみません。(^^;;;


         bar5-2


 とにかく、CDを商品化するのって、結構地道な作業も多くて大変ですよね。  高島さんをはじめとして、CD制作に携わった皆様、本当にお疲れ様でした。  まだ、最後の仕上げが残っているかと思いますが、あと少しで完成ですね。  実物を手に取る日を楽しみに待ってます。

ダイナBOXでは、映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ』の音楽は収録されませんでしたが、今回の復刻がなければ、『ティガ&ダイナ』に再び光を当てる機会もなかったでしょう。   ほんとうに感謝しています。   このサントラについては、別記事「映画 ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 音楽に救いの手を!」で復刻希望のコメントを書きましたので、そちらをご覧くださいね。   でも、今、それ以上に、18年ぶりにまたダイナのことで熱くなれたことを心から嬉しく思っています。(*^o^*)


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」音楽に救いの手を!

 3月30日発売の『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』、本当に嬉しい嬉しい復刻ですね。♪♪♪   ただ、アマゾン、その他の収録曲目発表によると、映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』の音楽と主題歌は入らないことが確定となりました。

そこで、別途、コロムビアから発売していただけることを願って、この記事を書くことにしましたが、一から状況を整理しつつ綴っていったら、ものすごい長文になってしまったうえ、もしかして、「え…」とか思われそうなことも書いていたりして。(^^;;;

けれど、映画『ティガ&ダイナ』と、その音楽は、私にとって、本当に、本当に大切な作品。  今、何もしなかったらきっと後悔しますから、とにかく、ここは 「頑張ってしまうしかないだろう!(笑) 」という結論に達しました。 すみません! どうかご理解くださいね。(^^;


         bar5-2


◆ 経緯のおさらい ◆  (以前の記事と一部重複する内容もあります)

 まずは、映画『ティガ&ダイナ』の分類上のお話です。  この映画、ティガとダイナの共闘も描かれていて、ティガも重要な役割を果たしてはいますが、何といっても主役はダイナのアスカ(つるの剛士さん)であり、基本的に「ダイナ」に入れるべき作品です。  ブルーレイBOX・シリーズでも、しっかり「ダイナ」の箱に収められています。

ですから、当然のことですが、コロムビアのリマスター・CDボックス『ウルトラマンティガ COMPLETE "TIGA" EDITION』が2007年に発売されたとき、解説書には、映画『ティガ&ダイナ』は「ダイナの位置づけなので除外した」という趣旨の記述がなされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● それならば、ダイナ・CDボックスが出る際は、そっちに入って然るべきと思いたいところですが、放映当時、TVシリーズ・サントラ4枚、OP、挿入歌は「ユーメックス」、EDは「エアーズ」、映画サントラと主題歌シングルは、ティガ同様「コロムビア」から発売されていたため、レコード会社間の垣根が低くなってきたとはいえ、現在も一筋縄ではいかない状況下にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 今回のダイナ・ボックス、「エアーズ」の『君だけを守りたい』と『ULTRA HIGH』は入ってますが、あくまで、ダイナ以外にも多数の作品を有する「今はなきユーメックス・レーベル」の復刻シリーズの一環として制作されたもので、最初から、コロムビアの『ティガ&ダイナ』音楽は対象外とされていました。 

数曲くらいならともかく、主題歌も含めた『T&D』音楽だけで50分近いボリュームですから、「コンプリートを謳う企画ではない!」のに「何とか入れてください」とはさすがに言えないですよね。(笑)  第一、当初発表の5枚では収まらなくなるでしょうし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● そんなわけで、結局、『T&D』だけは、高音質リマスター盤で聴くことが叶わなくなりました。  本当に素晴らしいサントラなのに、もったいなすぎます。

『T&D』は、何度観ても熱くなれる映画、泣ける映画、すがすがしい映画です!!  この名作を彩った音楽たちを忘れるわけにはいきません!!  今再び『ティガ&ダイナ』サウンドにも光を!! と願わずにはいられません。


         bar5-2


◆ 映画はダイナ本編の重要な一部 ◆

 販売形態上の経緯は先の通りですが、内容に関しては別次元です。

TVシリーズ本放送の中頃に上映開始されたこの映画、単独で観ても楽しめる作りにはなってますけど、決して「おまけ」でも、「単なるお祭り」でも、「スピンオフ」でもありません。  本編『最終章』の「ゴンドウ参謀の策略」、「ウルトラマンの光・エネルギーの正体」、その他、ダイナの根幹に関わってくる重要なエピソードです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● そして、音楽もまた、物語の重要性に呼応するかのように、実に気合いが入っています。  『ダイナサントラ Vol.4』のインタビューによると、この映画では、矢野さんは画面を見ながら曲を書かれたそうですが、映像ぴったりの音楽を作るセンスには目を見張るものがあります。  

しかも、いくつもの重要な場面において、かなり長いシーンをまるごと1つの楽曲で綴っているので、音楽だけ耳にしたときでも、映画の脳内再現度はハンパないです。  映像の心を大切にした音楽、絵と台詞が見事に再現されるサントラなのです。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● そのうえ、音楽だけで聴いても、しっかりと聴き応えのある作りになっていて、名曲オンパレード。  TV用の楽曲も使用されていますが、映画でしか聴けない貴重なオリジナル・メロディが随所で待ち受けている点も魅力です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● ラストに流れる主題歌は、映画のテーマ&フィーリングそのもの。  本当に爽やかで、前向きで、大好きな歌です。  これは、本当に価値ある映画であり、サントラだと思います。

最近『ティガ&ダイナ』はご無沙汰という方、是非いま一度見直してみてください。  未見の方、3/19(土)にはTBSチャンネル2で放映もされますし、ツタヤなどにはレンタルもありますから是非ご覧ください。  ほんとうに大絶賛したい名作です。 


         bar5-2


◆ 実現が早そうな ANIMEX 1200 ◆

 ……と、思わず熱く語ってしまいましたが(笑)、今回、ダイナのCDボックスが発売され、昨年9月にはブルーレイBOXも発売され、また、テレビの再放映もあり、今、ダイナに再び注目が集まっている時期でもあります。  

私もすっかりダイナ熱再燃モードですが、きっと他にもそういう方、いらっしゃるでしょうね。  オールド・ファンだけでなく、映像作品を観て、新たにダイナ・サントラをコンプリートしたいと思う方もおられるでしょうから、『T&D』リマスターを出すのにはちょうど良い機会かもしれないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● で、一番最初に頭に浮かんだのが「ANIMEX 1200 シリーズ」での再発売。  なにせ、ANIMEXは「1200円+税」ですからね。 主婦感覚を優先すると、今回のボックスを買った直後でも、金銭的負担が少ない点はかなり魅力。 (各楽曲毎の解説はなく、ごくごく簡単な「全体の紹介文」のみですけど)

そして何より、デジタルリマスタリング仕様で、音質は確か!!   昔発売された同一CDと比較すると、音の違いは一目瞭然。  本当にクリアで美しい音に変身していてびっくりします。

2003年から昨年に至るまで、アニメ・特撮分野において、実にバラエティ豊かな220作ものサントラがこのシリーズで甦っていますが、ランダムな単品発売シリーズなので小回りもきくのではと思います。


         bar5-2


◆ ほかの選択肢 ◆

 今、レコードの音質の良さが見直され、ブームにもなってますから、個人的には、LPにして、発売してほしいくらいです。  スタジオ録音時の生音は二度と甦らないものだけれど、少しでもその音に近づきたいのです!!

…… が、これはさすがに無理でしょうか? (^^;;;  実際、いろいろとハードルが高そうで、それこそ、夢のまた夢かもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● でも、実現したら、どれほど感動的なことかと、想像しただけで目の前はバラ色。♪ ☆彡   臨場感あふれる超クリアな音質、31.5 cm × 31.5 cm の大きなウルトラマンのジャケ写真……  あ、これは、単なる独り言なので、気にしないでくださいね。(笑)

とか言いつつ、いっそのこと、ウルトラシリーズ全部LPで出しちゃうのもありでは…… などと無謀なこともチラリと頭をよぎったりします。(^^;;; ←もう、欲張りすぎだって?(苦笑)

もし出すなら、各シリーズ単位のボックスでも、1枚毎でもどっちでもいいですけど…… と、すっかり その気モード。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● あと、将来発売されるかもしれないティガ・ボックスCDに無理やり入れてもらうという手もありますね。  当然、前回ダメだったティガの未収録曲も加えて。   これはこれで魅力ですが、実現するとしても、「ず~っと、ず~っと先のお話」のような気がします。

その他にも方法はあると思いますが、いろいろな意味で一番お手軽なのは、やはり ANIMEX かな???  でも、LPが~~、新規ティガ・ボックスが~~  ← と、実は、「迷える子羊」、じゃなくて「おばさん羊」状態だったりします。(笑)  でも、どれに転んでも、私には「買う」という選択肢しかないですけど。(^^;


         bar5-2


◆ コロムビアにリクエストを!! ◆

 ANIMEX、新規ティガ・ボックス、LP、その他、形はどうであれ、既に生産終了となっている映画『ティガ&ダイナ』サントラの高音質盤での再発売を希望される方は、是非、直接コロムビアのホームページからリクエストしてください。  それが実現への第一歩です。  どうぞよろしくお願いしますね。

ちなみに、映画主題歌、『SHININ' ON LOVE』の「MOVIE Size(映画で使用されたバージョン = 充実の3分47秒)」は、ちゃんと『T&D』サントラに収録されてます。  安心してください。(笑)

★ リクエスト用のコロムビア「お問い合わせフォーム」ページはこちらです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【映画関連CDの詳細情報】

★ 「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」オリジナル・サウンドトラック ★
アルバムCD、 品番:COCC-14930、 発売日:1998年4月1日、 メーカー:コロムビア

★ 「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」主題歌、SHININ' ON LOVE ★
シングルCD、 品番:CODC-1484、 発売日:1998年3月21日、 メーカー:コロムビア、 歌:影山ヒロノブ&前田達也、 カップリング曲「君の愛と僕の勇気」  
※ 歌のフルサイズはいろいろな主題歌集などにも収録されてますが、カラオケが入ってるのは貴重かも。 「君の愛と僕の勇気」は映画では使用されていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 『ティガ&ダイナ』 サントラ復刻 関連記事】
   映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」サントラ、アルファ計画?


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/02/25

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、矢野先生の座談会 掲載決定!! &「今日のダイナ」

 3月30日発売の「ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX」ですが、企画制作の高島幹雄さんのツイッターによると、現在、発売に向けて着々と準備が整いつつあるとのことで、いろいろご苦労様です。

矢野先生を囲んでの座談会の模様も掲載されるそうで、楽しみですね。\(^o^)/  それにしても、このメンバーでの座談会、めっちゃ興味深いですねー。


         bar5-2


 で、すみませんが、ツイッターまで手が回らなくて、自分では発信してないですし、当面やる予定もないので、そのままブログにコピーさせていただきますね。

以下、2月25日、高島幹雄さんのツイッター「高島幹雄'16 ‏@micktk」 ( https://twitter.com/micktk ) からの転載です。

● 高島幹雄'16 ‏@micktk
3/30発売『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』
リマスターの音質は、矢野立美さんの80年代の歌謡曲系の仕事以来の特色であるシンセとギターのエッジが立ったサウンドの方はよりキレ良く聞こえる方向で音色を作って貰ってます。まだDISC5の内容が発表になってないのか…

● 高島幹雄'16 ‏@micktk
3/30発売『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』
ブックレットに音楽制作の始まりからアルバム化の話を作曲家・矢野立美さん、当時ユーメックスの担当プロデューサー藤田昭彦さん、構成と解説の早川優さんの座談会。腹巻猫さんに記事にまとめて頂きました。ここまでは書けるのかな 

………… ツイッター転載は、以上で終了です …………

         bar5-2


 今回も、HP表紙 【今日のダイナ】の続きを転載しますね。

◆ 魅力的なアスカのアップはたくさんあり過ぎて困るくらいですけど、ベスト10に入れたいひとつが、「最終章 I 新たなる影」、休暇に公園でボール投げをする一連のシーン。  芝生の緑と、白いシャツと、爽やかな表情が何ともいえないなぁ……。(*^o^*)  「画像キャプチャして永久保存」レベル。(笑)  

この場面、見た目だけじゃなくて、物語展開も抜群。  「無理だ、あんな遠い木まで届くはずないよ」という少年アスカに、「必ず届く。大切なのは、そう信じられる強さだ」と言ってきかせる父。  そして大人になったアスカは呟く、「見たかよ。父さん、届いたぜ」…… うわぁ、もう感動!!

さらに「最終章III 明日へ…」では、最後の最後、敵に光線を放つシーンで「俺は俺だ!ウルトラマンダイナだ! 届け~っ!!」と叫ぶ瞬間、少年アスカの投球シーンが挿入されますが、常に父の教えを胸に生きてきたことが鮮烈に伝わる名場面ですね。  (16.2.25)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 【今日のダイナ】 ← ジャ~ン!! サントラ発売決定以来、不定期に何の脈絡もなくダイナのことを喋ってますが、このコーナーに勝手に命名をしました。(笑)  過去のコメントにもこっそり【今日のダイナ】をつけてます。(笑)  …… あ、忙しいのでいつまで続くか分かりませんけど、そのときはご容赦を。 m(_ _)m

では、早速、本題。  「最終章 I 新たなる影」の名場面。  生体エネルギーを抜き取られ、本来なら変身できないはずのアスカ。 それでも根性でダイナになった。 すごい気迫!! この変身シーンは壮絶!! 一番カッコいい変身かもしれない。 「この不屈の精神こそダイナだ!!」という気がします。 ここの音楽「ダイナサントラ Vol.1、邂逅」がまたいいんですよね。(^_-)v   (16.2.23)


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/02/11

3月も映画「ティガ&ダイナ」やるぅ \(^o^)/ & 「今日のダイナ」

 TBSチャンネル2 のウルトラマンダイナTVシリーズ、3月分の放映日がサイトにアップされましたね。  放映パターンは前と同じですが、3/23(水)、3/30(水)はお休み。

そして、映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」、また、来月もやりますね~!!  TBSチャンネル2 … 3/19(土) 午前4:50~午前6:00

● 【今日のダイナ】 (ブログonly)  忙しかったら、映画だけでもいいので、衛星放送が観れる方は、絶対、絶対、観てね!!  ストーリー抜群!!  音楽抜群!!  それにアスカ(つるの剛士さん)は本当に最高だし、隊長も、他の隊員も、ティガのメンバーも、みんな燦めいてます!!

そして、今更ながらだけど、映画に限らず、ダイナに出てくるイルマ参謀(高木澪さん)が魅力的すぎて~♪♪♪
根底にティガ時代からのキャラ的素晴らしさがあるからだけれど、ダイナ世界での「ウルトラマンの本質を見抜いているキーパーソン」という設定や、ティガ時代のロングヘアーをカットしたビジュアル面も大きな要因のような気がします。(=^-^=)


         bar5-2


● HP表紙の 【今日のダイナ】 に書いてる 1月17日以降のコメントも転載しておきますね。

◆ 引き続き、「祝、ダイナサントラ発売!!」モード全開中で、毎日サントラ聴いてま~す。(*^o^*)  最大の注目点は、リマスターによる音質の向上!!  早く綺麗な音で聴きたい!!  (16.2.9)

◆ このところ、すっかりダイナ・フィーバー・モード。(笑)  放映開始から18年以上経ってるなんて信じられませんね。 まるで昨日のことのよう。 やはり、リアルタイム視聴のインパクトって絶大ですね!!  (16.1.30)


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2016/01/17

ウルトラマンダイナ再放送、映画もやります ♪

 ウルトラマンダイナ、以前にも衛星放送でやってましたが、また放映するのですね!!  またやると思わなくて、ノーマークだったため、情報が遅くなってすみません。(^^;;;

1/18 (月) 午前6:00~6:30 「第1話 新たなる光(前編)」から、19日(火)を除く毎週、月~金曜日。
TBSチャンネル2です。 番組サイトはこちら


しかも映画もやりますよ~!!  TVはもちろん、映画も、超、超オススメ!!

映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」
     1/25 (月)  午後6:00~午後7:10
     2/3 (水)   午後11:00~深夜0:10
これもTBSチャンネル2で、番組サイトはこちら


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

[未収録曲入、数量限定] ウルトラマンダイナ サントラの微笑ましい光景

 山野楽器Yahooショップ、「ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX」ページのかなり下のほうにある「商品説明 <収録楽曲>」をちょっと見てみてください。

スペシャル・ディスクの詳細は書いてありませんが、TVサントラ1~4までは、オリジナル通りの曲順で曲名が書いてありますね。 

こうしてタイトルだけ見ても壮観だなぁと、改めて思います。 ホント、圧倒されますよ。 文字そのものはコピペだとしても (手打ちなら尊敬モノ)、実は、こういうの作るの結構手間かかったりするんですよね。

で、「矢野立美」の文字が、上から下までずらりと並んでるんですけど (笑)、お店の方の、あまりの「頑張っちゃってます」ぶりに頭が下がるというか、微笑ましいというか。 でも、ファンとしては、ちょっと嬉しかったりもします。(*^o^*)

ちなみに、Yahoo!プレミアム会員だと、1,261ポイント獲得だそうですよ。(それ以外は873ポイント)   [ ← 2016.1.17 現在での情報]


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif


|

2016/01/10

ウルトラマンダイナ リマスター サントラ (未収録曲入り、初回限定盤)発売!!

 ダイナのサントラがリマスターで再発売なんてホントに驚きですね。
HPのトップに、『命にかえても絶対買う!! くらいの意気込み』と
書きましたけど、めっちゃ嬉しくて、8日は一日中、心ここにあらず、
まるで「恋人」を思っている時のような心境でした。(=^-^=)

ティガのリマスター盤が2007年発売で、その後、待てど暮らせど
何の音沙汰もなし。 ダイナのブルーレイ・ボックスは出たけれど、
CDのほうは、ほぼ諦めかけてましたからねー。


         bar5-2


 で、超気になる内容ですが、さっき見たら、アマゾンには、
商品の説明が追加されてましたね。 ↓↓↓

ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX (音楽:矢野立美)

「芽瑠璃堂」HPでは、収録内容がさらに詳しく記載されてました。

注目すべきは、未収録曲が入ることで、これはもう大歓迎!! 
元々、未収録曲がなくても、単に「リマスター」というだけで
買っちゃうつもりの人でしたから。(笑)

企画制作は、高島幹雄さんなのですね。 企画してくださって
本当にありがとうございます。
ほかの制作担当の皆さんも、大変でしょうけれど、頑張ってくださいね。
期待してます。(*^o^*) 


         bar5-2


 でも私、思いきり勘違いしてたようで、5枚というのは、
「TVサントラ4枚」と「映画ティガ&ダイナ」ではなくて、
5枚目は「アルバム未収録の主題歌、挿入歌、BGMを収録予定」なのですね。

今はなきアニメレーベル「ユーメックス」のコンテンツ(TV4枚)を
復活させることが主眼のようですから、やはり、別会社であるコロムビアの
映画CDは対象外なのですね?

この段階の情報というのは変更になる場合もありますが、もしも確定なら、
ティガ・リマスター盤に入れてもらえなかった「映画 T&D」だけが、
リマスターの波から取り残されることになってしまうので、
内容の最終発表がなされた段階で、「ANIMEX 1200シリーズ」で
是非復刻させていただけるようコロムビアにお願いしようと思ってます。

昨年久々にANIMEX 1200が復活し、『新 破裏拳ポリマー MUSIC COLLECTION』
も出たので、決して夢ではないと思います。 そのときは、皆様も、
是非、コロムビアに直接リクエストのメールをしてくださいね。

未確定の段階であれこれ言うのもなんですが、やはり、「T&D」復刻は
「悲願」でしたから、ここで敢えて書かせてくださいね。
「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」や、
「矢野立美、ウルトラ・サウンドを振り返る」の「◆2◆ 戦闘曲の魅力」
にも書いたとおり、、「T&D」は本当に素晴らしいサントラですから。


         bar5-2


 あと、あちこちのネットショップを巡ってみたら、「初回限定盤」、
「初回生産限定」、その他、表現方法が微妙に違っているのですが、
やはり「生産枚数限定で一度きりしかプレスしない」という意味ですよね?
最初、「初回盤と後発の通常盤が存在する」のかと思ってしまいましたけど。
どちらにしても、数に限りがあることは確かですから、
早めに注文したほうがいいですね。

もちろん私は即日注文で、(*^o^*)
あとは、発売日を待つばかり。♪♪♪

最初に「命にかえても」と言いましたが、やっぱり、実物を手にして、
じっくり鑑賞するまでは死ねません。(笑)


★ 「ダイナ サントラ BOX」未収録の映画「ティガ&ダイナ」

★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

2014/09/27

嬉しいサントラ!! …… 矢野立美、「暴れん坊力士!!松太郎」音楽集 を手にして

 9月24日、『松太郎』のサントラが発売されましたね。(=^-^=)
最初は、嬉しさと同時に「HP書かなくちゃ」的な緊張感があったのですが、
数日経って、昭和&和風テイストのCDパッケージをくるりと回転させ、
表、裏、背表紙などを眺めつつ、音楽を聴いていたら、ようやく、
「ああ、ついに発売されたんだ」という実感が沸いてきました。
やはり、CDとして形になるというのは、感慨深いものがありますね。


主題歌TVサイズと、劇伴音楽が収録されてますが、特筆すべきは、
「矢野立美インタビュー」、「音楽メニュー」がついていること。
これらを読みながら曲を聴くと、また違った世界が見えてきて、
とっても楽しいですよ~。(*^o^*)♪♪
サントラについての感想は、PCサイトにアップしましたので、
もし、興味があったら読んでみてくださいね。


iTunes、amazon、レコチョクなどでは、1曲単位で
ダウンロード購入もできます。  サントラと併せて、
主題歌、挿入歌CDも聴けば、もう最強ですね。!!



【試聴】
 下記の画像をクリックすると amazon 試聴サイトに移動します。
山野楽器 (山野サイト下方のボタン) では、曲の冒頭部分が聞けます。

◆ 「暴れん坊力士!!松太郎」音楽集
              山野楽器試聴


◆ 「暴れん坊力士!!松太郎」主題歌 ドスコイ人生 (挿入歌、四十八手の相撲道)
              山野楽器試聴





【松太郎関連コメント】
     ◆ 松太郎のページ
           TV感想 等ありますが、メインは音楽です (^^;;;


line_1.gif


|

2013/10/21

泣ける歌、花岡優平 「部屋の灯り」

 ここ4~5年の「歌謡曲ジャンル」の中で一番好きな歌は「部屋の灯り」。
花岡優平さんのメロディの良さは言うまでもないですが、
素朴なヴォーカルがまた心を捉えるんですよね。(=^-^=)
田久保真見さんのセピア色の歌詞も抜群で、切なさに思わず泣ける歌。
しかも、矢野立美さんのアレンジも素晴らしく、本当に、涙、涙の名曲です。

同じく花岡優平さんの、「永遠の恋人」は
ちょっとお洒落でクールな雰囲気ですが、これも泣ける歌。
この2曲は、アルバムなのにカラオケまでついてるし、
参加ミュージシャンの記載もあるし、本当に理想型のCDです。


 優平さんへの注目度が一気に上昇したのは、秋元順子さんの「夕なぎ」、
「タイムマシンで逢いに来て」、「砂漠のバラのように…」でしたが、
青山ひろしさんの「さよならの絆」もまたいいんですよね。
「さよならの絆」って、すごく歌謡曲っぽい歌。 
本質的に歌謡曲よりも、限りなくポップス・洋楽に近い曲が好きな私ですが、
これだけは特別です。(笑)

好きな曲をピックアップしていくと、不思議と優平さんの曲が多いんですよね。
もはや、優平さんは、私の中では、別格というか、「スペシャルな お方」
という扱いになってます。(*^o^*)


 最近の歌手の中では、やはり秋元順子さんの声が一番好きですね。
曲調も都会的なところがいいです。
ちなみに、優平さんの曲ではないですが、「黄昏のビギン」
「ラヴ・イズ・オーヴァー」もすごく素敵。♪♪♪


 優平さんに戻りますが、遥か昔の曲で (というほど古くもないですが)、
石川さゆりさんの「湯の町シネマ」も結構好きだったりします。

これからの花岡作品にも是非期待したいところです。
できることなら、あまり歌謡曲っぽくない歌がいいなぁ。(笑)



【各曲の感想】
 私のHPに各曲の感想がありますので、よろしければ、各リンク先へどうぞ。

★ 花岡優平、CDアルバム『君が道標』(2012年)
「部屋の灯り」  作詞:田久保真見、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

★ 花岡優平、CDアルバム『寄り道』(2009年)
「永遠の恋人」  作詞:上田紅葉、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

★ 秋元順子、CDアルバム『セカンド・ストーリー』(2008年)
「夕なぎ」   作詞:ちあき哲也、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

★ 秋元順子、CDアルバム『愛する人のために』(2009年)
「タイムマシンで逢いに来て」作詞:上田紅葉、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美
「砂漠のバラのように…」  作詞:喜多條忠、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

★ 秋元順子、CDアルバム『Dear Songs ~夢をつないで~』(2013年)
「ラヴ・イズ・オーヴァー」  作詞:伊藤薫、作曲:伊藤薫、編曲:矢野立美
「黄昏のビギン」      作詞:永六輔、作曲:中村八大、編曲:矢野立美

★ 青山ひろし、シングル『「MIRENの街」のカップリング曲』(2012年)
「さよならの絆」  作詞:紙中礼子、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

★ 石川さゆり、CDアルバム『さゆり』(2002年)
「湯の町シネマ」  作詞:吉岡治、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美



【試聴】
 下記の画像をクリックすると試聴サイトに移動します。

◆ 花岡優平 『君が道標』、『寄り道』
            


◆ 秋元順子 『セカンド・ストーリー』、『愛する人のために』、『Dear Songs』
     (『愛する人のために』 は試聴がないのでこちらでどうぞ)
       


◆ 青山ひろし 『さよならの絆』、  石川さゆり 『さゆり』
            




【花岡優平関連コメント】
     ◆ 花岡優平 コメント・リスト
           (ここから各リンク先の記事をご覧下さいね)

line_1.gif

|

2012/09/29

CRシティーハンター ~合言葉はXYZ~

 7月にCRシティーハンターの後続機種が出てたのですね。
すっかり時流に乗り遅れてまして、いつのまに…… って感じ。 (笑)

平和のホームページに、動画やその他の機種説明がありますが、
ここぞとばかりに おいしい絵やシーンが満載。♪
実際に映像を目にすると、やはり感動ですねー。 (*^o^*)
特に、香の呼びかけでミックが覚醒するシーンや
香がペンダントを手にして泣くシーンには思わず涙 ……

今回も 「FOOT STEPS」 が使われているのは嬉しいですね。
さらに、CHの歌が2曲追加になってますが、「ゴーゴーヘブン」 は
結構好きだったりして。 これ、アニメのOP映像が素敵だったんですよね。

Mana、SUPERNATURAL (teaser movie) の紫の映像はとっても綺麗。
ただ、キャラのCG映像はやめてほしかったなぁ ……
原作とアニメのイメージが強烈だから、すごい違和感を感じます。

平和サイトの他に、YouTube では、GET WILD をバックに展開される
ホール向けPVも観れたりして、思わず熱くなりますが、
やはり、TVやDVDで、新作のアニメが見たい!ですよね。
CRシティーハンターが追い風となり、アニメが制作されることを願ってます。
もちろん、矢野さんがこれまでに作った素敵な音楽も使ってね。 (=^-^=)

CRシティーハンターのほうは、P-WORLD のサイトに行き、
設置機種名 「CRシティーハンター~合言葉はXYZ~H8AZ」 で、
お近くのお店を探してくださいね。



★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


line_1.gif

|

2011/08/19

純烈 「ひとりじゃないから」 にも漸く光が !!

 「キサス・キサス東京」 のカップリング曲 「ひとりじゃないから」 は、東日本大震災の被災者の方々への応援の気持ちを込めて作られた歌です。 

ただ、B面曲のため、今のところ、PVもなく、TVで歌われることもなかったのですが、2011年8月27日 (土) 「第4回純烈歌謡バラエティ」 での 「ファンクラブミーティング」 で、「ひとりじゃないから」 のPV撮影が行われることになったそうです。 

ファンクラブに入会すると、PV出演もできるそうなので、皆様も是非どうぞ!!  詳しくは、純烈の公式HPをご覧くださいね。

         bar5-2


【 試聴サイト 】

 純烈の新譜は試聴できるサイトが少ないですが、「mora win」とか、「iTunes」なら、2曲とも試聴可能です。 私はあまり携帯は使わないので、携帯サイトはちょっと分からなくてごめんなさい。 「キサス」 のほうは、PCだけでなく、携帯でも見れる YouTube 動画がアップされてるそうですが。

あと、期間限定ですけど、今、「琴姫チャンネル」 のサイトで、メンバーの楽しいお喋りの合間に、2曲とも流れるので、PCで聴けますよ。

         bar5-2


【 8月4日、MADE IN BS JAPAN 】

 BSジャパン の「MADE IN BS JAPAN」 、見ました、見ました。 \(^o^)/  まず最初に思ったこと。 「あー、おヒゲない~!」 (笑)  

で、メンバーみんな、終始、楽しく弾けてましたね。 本当に嬉しそうでした。  純烈って、「TVの向こうの人」 とは思えない親しみやすさがあって、すごくアットホームな雰囲気が魅力。  シアワセ感がいっぱいあふれていて、それを見ているこっちまでシアワセな気分になれる、そんな素敵なグループですよね。  

この日の 「キサス」 は、「ワンコーラス & 狭いスペース」 バージョンでした。(笑)  でも、白川さんが、ずっと前面に出ていたので、隠れてた部分の振り付けが見れたのは収穫。  

是非また、こういう楽しい番組に出演してほしいですね。 純烈に合ってると思いました。

         bar5-2


【 純烈旋風 & リクエストのお願い 】

 「キサス」 のレコチョク先行配信、演歌・歌謡曲部門で、デイリーランキング2位、週間ランキングも4位を記録。 そして、正式リリース後、「ひとりじゃないから」 の着うたは最高で12位、「キサス」 は90位と好調。 

しかも、8月の 「TSUTAYA 小田原シティーモールクレッセ店」のキャンペーンでは、そこの特設会場での売上新記録を達成するなど、各地で純烈旋風を巻き起こしています。 

これがさらに全国に広まるように、有線やTV・ラジオでのリクエスト、その他で、皆さんも是非応援してくださいね。 ちなみに、全国ネットで効果抜群なのがNHK。 純烈の出演を希望する趣旨のハガキを 「〒150-8001 NHK歌謡コンサート 御中」 に送るといいそうです。 宛先の住所は不要で郵便番号のみでOK。


★ 純烈、シングル 『キサス・キサス東京』
         2011年7月20日発売 (UPCH-80241)
   「キサス・キサス東京」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「ひとりじゃないから」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美




純烈関連記事の一括表示

line_1.gif

|

2011/07/25

情熱の赤いバラ!、純烈 「キサス・キサス東京」 (メディアおっかけ記)

 今日は、純烈が出演したTV、ラジオ等の感想 &
ミュウの無駄話で~す。 (笑)


【7月22日、テレビ東京 「音流~On Ryu~」 】

 キサス衣装でのトーク、いいですねー。
メンバー全員素敵でした。 (*^o^*)
喋ってる後上さん、初めてみましたが、スッキリした笑顔が魅力ですね。
伊東の旅のお話も面白かったですし、ネットで流れてない部分の
PVも見れて、ラッキー ♪♪♪

         bar5-2


【7月23日、ロフトイベント中継と、ラジオ Inter FM 「76 records」 】

 ロフト・イベント 「クラッシャーカズヨシ上映会 & 戦隊関係者トーク」
のネット中継、用事があって後半からしか見れなかったけど、
今回もサイコーでしたね。

で、見てる途中で突然思い出したんですよ。 今日はFM放送の日だって。
時計を見たら開始5分前。 最近ラジオ聞かないので録音方法も忘れ気味。
何とか録音はセットできたけど、雑音がすごくて時々音が消える。
「他にラジオが聞けるものは…」、「そうだ、携帯ラジオがあった (^_-)v 」
でも、これは録音できないヤツ。 で、携帯を電波の入りやすい方向に向け、
右の耳にラジオのイヤホン、左の耳にロフト中継のパソコンのイヤホンを
差込み、両番組同時視聴! もう、気合と根性。 涙ぐましいでしょ? (笑)
ロフト終盤と純烈の登場時間がほぼ重なるというタイミングの良さ!
この場合、タイミング悪いというべきか。 (笑)
無事、両番組の視聴ができました。

FMでは、「キサスキサス東京」 と 「ひとりじゃないから」、両曲とも
同じくらいの厚遇でバッチリ流れて嬉しかったです。 話の中身は、
しっかりコメントできるほどには覚えてない。 (爆)
やはり、聖徳太子と違って、凡人には無理なことであった。 (-_-)

         bar5-2


【7月24日、テレビ東京 「洋子の演歌一直線」 】

 すごい芸術的!!  家宝にしたい映像ですね~。
PVでもお馴染み、ひとりひとりが斜め上を向くイントロ、出たぁ!!
「あれ? 一人足りない」 と、TV見て初めて気付いたけど、白川さんが
歌パート開始とともに前面に出てくるなんて、すごく心憎い演出ですね。
その白川さん、後姿でバラをくわえ、くるりと振り向きフィナーレを迎える。
これ、すごい受けました~ \(^o^)/ (ジタバタ、ジタバタ……)
バラをくわえて、「オーレ!」 と踊るフラメンコを思い出したけど、
それをムード歌謡でやるなんて、すごく鮮烈!!
(ネット見たら、そういうイメージだけが先行していて、実際、フラメンコは
バラをくわえて踊らないと書いてある… へぇ、そうなの? 知らなかった)
ま、そんなことはどうでもいいですが、「口にくわえた赤いバラ」
流行るかもね。 宴会でやったら、きっとあなたは 「今宵のヒーロー」
間違いなし! (^◇^)  それに、子供も真似しそう… (笑)

 2~3度見て気がついた。 これは、「7回ワンセット」 で見なくちゃ
いけないんじゃないかって。 つまり、1回目は全体像をしっかり頭に
叩き込むために見る。 2回目は、友井さんだけに全神経を集中させる。
3回目は、その隣の後上さん。 4回目はリーダー。 5回目白川さん、
6回目林田さん、7回目小田井さん。 で、その結果 ……

 ・友井さん …… しなやかなのに、シャープな踊り方。
     はっきり言って、カッコいいです!!!
     さすが、「特技 : ダンス」 というだけのことはありますね。
 ・後上さん …… 誠実さが伝わってくる踊りですね。
     マイクのない場所で踊ってる時、白川さんのパートを一緒に
     歌ってるんですよ。 なんか、すごい好感を持ってしまいました。
 ・酒井さん …… メインボーカルの真後ろで、同等に目立ってる (笑)
     というか、すごい存在感を発揮してますね。
     踊り、すんごく可愛いです ♪ (ラブラブ)
 ・白川さん …… 登場シーンとラストのバラは上に書いた通りのインパクト
     だけど、じっくり見ると、ハート直撃な 「流し目」。 わぉ~。
     踊りもとっても優雅ですね~。
 ・林田さん …… 無条件で可愛い!! リーダーとは違う可愛さ。
     めっちゃキュート。 純烈ダンサーの中では、「マスコット」
     みたいに、愛くるしく、気になる存在。 
 ・小田井さん …… 「ラテン」という言葉がぴったりくる踊りが魅力。
     すごく歯切れのいい踊り方で、舞台俳優としての貫禄が
     感じられますね。 大人~!!!

         bar5-2


 初めて、2つのTV映像を見たわけですが、
これまで、You Tube のちっちゃい画像ばかり見てたので、
「こんなに大きくていいの? 見ちゃってごめんなさい」 と
縮こまってしまうほど眩しかったです。
大きいと魅力も倍増ですね~。 罪だわ~ (笑)

You Tube にあがってるPVのロングバージョンと、「洋子の演歌一直線」
みたいに振り付けを完全に見せる映像と、「ひとりじゃないから」 の映像
(わざわざ撮るのは無理ならライブ映像でもいい) と、「涙の銀座線」の
PV (これもすごく素敵)、メイキング映像、レコーディング風景、を
セットにして、DVD化してくれないかなぁ。 速攻で買います!!  

明後日は、新譜発売1週間記念日!!  まだ聞いてない方にご忠告。
「キサス・キサス東京 / ひとりじゃないから」 は中毒性あり。
キケンです。 (笑)


★ 純烈、シングル 『キサス・キサス東京』
         2011年7月20日発売 (UPCH-80241)
   「キサス・キサス東京」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「ひとりじゃないから」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美




純烈関連記事の一括表示

line_1.gif

|

2011/07/23

作り手の愛に包まれたCD、【純烈】 「キサス・キサス東京」

 わぁ、わぁ、このCD、すご過ぎ~!!!
メンバーの個性あふれる表ジャケは、既にネットでお披露目済みですが、
裏返すと、何とそこには、人生の表も裏も知り尽くした大人を感じさせる、
深みのある集合写真が!!  思わず、「おおっ!」 と感嘆の声。
そして、中を開けた途端、真紅のCD盤とみんなの笑顔に この目は釘付け。
6人の写真、とってもハートフルで、「一緒に歌おうよ」 と手招きしてるよう
にも思えます。 もう、この時点で既にメロメロ。 なんて素敵なサプライズ!!

で、歌詞カードを開いて、またまたびっくり。
参加ミュージシャンの名前が載ってるぅ~ ♪♪♪
中身をよく見て更に驚き。 きゃー、比山さんだ~!! 嬉し~ぃ!!
私、比山さんの大ファンなのだ。 それに矢野さんのお名前も。 (=^-^=)
「Chorus : 木戸泰弘、比山貴咏史、矢野立美」 は、永遠のマジックワード。
「魅惑の純烈コーラス」 にこの3人が加われば、文字通り最強ですね。
他にも、ピアノの吉田弥生さん、ギターの大久保明さん、望月清文さん、
ラテンパーカッションの鳴島英治さん、サックスの平原まことさん、
ストリングスの小池弘之グループの皆さん、シンセの栗山喜親さん、と
すごいミュージシャンが参加されていて、
本当に素晴らしい演奏を聴かせてくださっています。

しかも、「キサス・キサス東京」という題字は、作詞家の水木れいじさん。
パッケージを見ているだけでもドラマを感じる、出合いのあるCDですね。
そしてCDをかければ、ときめきのサウンドが待っていて、もう完璧!!
  (曲の感想は先日UPしたので、まだの方はこちらをご覧くださいね)

それに、何といってもCDは音質が良いですから、
ダウンロードだけじゃなくて、絶対、絶対、CDを買ってくださいね。
マジ、感動ものですよ。 これで1000円なんて安すぎると思っちゃう。

なんかもう、涙が出るほど、作り手の愛情がたくさん詰まったCD。
ほんとうに幸せな星のもとに生まれた曲たちだなぁと思います。


★ 純烈、シングル 『キサス・キサス東京』
         2011年7月20日発売 (UPCH-80241)
   「キサス・キサス東京」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「ひとりじゃないから」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美




純烈関連記事の一括表示

line_1.gif

|

2011/07/21

大絶賛したい!! 思わずハマる 【純烈】 「キサス・キサス東京」

 わ~い、待ち侘びたCD発売日がついに来ました。 \(^o^)/
今回は、アクシデントのため、とりあえず音楽配信サイトで購入。
事の顛末はこちらに書きましたので、興味ある方はどうぞ。(笑)
ジャケは、まだ表しか見てないのだけど、ピンク系で素敵。
全員服が違うけれど、次々と連想ゲームをしていくみたいな
色使いがユニークですね。 向かって左からコメントを。
CDが届いたら、他の部分も改めてご報告しますね。 
音もCDのほうがいいしね~。 早く来ないかな~。

 ・酒井さん … ワイルドで、渋いですね~。ステキっ!! 
        奥の深い大人の魅力。 髭も似合ってる。
 ・林田さん … きゃん、かわいい~ (*^o^*) はあと
        ジャケットを握り締めた手がなぜか気になる。
 ・小田井さん … ドキリとする個性的な魅力にあふれてますね。
        端正な顔立ち、帽子、左だけハネてる髪がツボ。
 ・白川さん … 甘いマスクが魅力。眉間にシワを寄せてるところ
        グッときますね。 お母様、どうぞおだいじに。
 ・後上さん … クールなイメージがいいですね。 いかにも
        理科系の人らしい知的な感じがとても素敵です。
 ・友井さん … ちょっと外人っぽい雰囲気があってチャーミング。
        鼻筋もとおってるし、目がとっても綺麗ですね。

     bar5-2


【キサス・キサス東京】

 ムード歌謡を絵に描いたような歌ですねー。
何といっても、白川さんの甘~い声が一番の魅力!!
「燃える心 いつまでも~」 と音を延ばす時の歌い方、
すごく雰囲気があって好きなんですよね。 (=^-^=)
白川さんの声って、本当にムード歌謡にぴったりですね。

メインボーカルをふわっと優しく包むコーラスもまた魅力!!
皆の声と、控えめなサックス音の重なり合いがいいですね。
心地良いソファにゆったりと座ってる気分になります。
カラオケだと、バックコーラスがクリアに聴こえますね。
初めて聴いた時は、「え、こんな高音も入ってたの?」 とびっくり。
この高音コーラス、どなたですか? 思わずトキメク感じ。
それだけじゃなくて、全員の声のハーモニーも涼やかで素敵。
カラオケを聴くって、ほんっと、色々発見があって面白いですね。

「離したくないあなた、今夜はこの手を」 なんて、ホントに
言われたらドキッとするかも、などと想像を巡らして遊べる歌詞。
「月のしずくをあびて」 って、めっちゃロマンチックですね。
  (ロマンティックじゃなくて、敢えて 「ロマンチック」)
過去を 「振り向かないで」 と歌う2番の詞がいいですね。
ムード歌謡といっても、すごく前向きなところが新鮮。
全体に親しみやすいメロディ。 サビの 「キサスキサス」 は
やっぱりすごく耳に残りますよね。 さすが杉本さんです。

イントロから、完璧なムード歌謡の世界だなぁと思いましたが、
間奏も含めて、ギターの歌うメロディがすごく心に響く。 
高音のストリングスとサックスも泣かせますね。

     bar5-2


【ひとりじゃないから】

 心が明るく開放される歌ですね。 踊り出したくなる感じ。
前半は、ちょっと80年代の爽やかソング風だけれど、
「そばで笑顔をわけあえばいい」 以後はパワーが伝わってきます。
「どんな夢でも一緒に語ろう」 と歌う白川さん、いいですねー。
肩にそっと手を置くかのような、思いやりの心が感じられます。

 そして、この歌もコーラスに注目!!!
「いつも いつでも」 とか、「ウー」 で声を合わせるだけでなく、
チュチュチュチュ… みたいな楽しいパターンも登場しますね。
一人じゃないことを実感させてくれるコーラス隊に拍手です。

 最初のハンド・クラップ、めちゃハッピーですねー♪
イントロのメロも素敵だし、ラテンパーカッションも効いてる。
きゃ~、きゃ~、間奏のエレキ・ギター最高だ~!!!
今回はこれが聴けただけで、もう思い残すことはないです。
って、別にこれから死ぬわけじゃないんですが … (笑)
「いつも いつでも」 の低音エレキも光ってます。
リズムも、ノリノリ感たっぷりでいいですねー。

     bar5-2


【PV】

 You Tube の 「キサス・キサス東京」 PV、超たのし~い!!
思わずリピートモードで見入ってしまいました。 (*^o^*)
純烈らしいインパクトある振り付けですね。 (パチパチパチ)
イントロ冒頭、順番にあごに手を当てていく所がお気に入り。
「今夜はこの手を」 でパッと両手を広げるのも面白い。
そんな中、白川さんの指先が、すご~くセクシーに煌いてますね。

それにしても、リーダーおいしすぎ。 (笑)
無声のリーダー登場シーン、台詞つきで見てみたいかも。 (=^-^=)
「PVのメイキング」 ってことで、是非アップしてください。
ホント、この歌と一緒で、クセになるようなPVですね。

     bar5-2


 歌を聴いてても、「特撮」 の二文字が頭をよぎるんですよねー。
ハードなイメージとソフト・ヴォーカルとの間を、行ったり来たり、
頭の中が忙しい。 (笑)  ちょっと不思議な感覚。
「じゃ、矢野さんの、あの、何でもありな守備範囲の広さは
どうなんだ?」 と突っ込まれると困るのだけれど。 (笑)

 ロフトイベントの映像も見ました。 生まれて初めてレコチョクで、
ダウンロードもしてみました。 (私は 「オバサン」 なので、
ホントは 「CDで初聴きしたい派」 なんだけど… (^^;;; )
特撮ノリのイベントに爆笑し、レコチョクにワクワクし、
その他諸々のお祭り騒ぎを楽しんじゃってる私。♪♪
「特撮の香りを感じつつ別世界の音楽を聴く」、これはある意味、
ムード歌謡の新しい楽しみ方といえるのかもしれませんね。

矢野さんが絡むなら、次は本格特撮ソングもありだと思うけど、
それは、純烈路線に反するのかなぁ? やっぱダメ?? (笑)
  (↑ いえ、あの、一応、言ってみただけですから … (^^; )

これからTV・ラジオ出演、ライブ、イベント等ありますから、
是非、オフィシャルサイトでチェックしてくださいね。 (^_-)v
私は、家の事情により、今は 「お出かけ系」 はダメですが、
TVなどを見たら、またブログでコメントしますね。
この新譜感想だけは、HPとのダブル・ポストにしてます。
 (※ CD届きました \(^o^)/ 感想はこちらです。 11.7.23追記)


★ 純烈、シングル 『キサス・キサス東京』
         2011年7月20日発売 (UPCH-80241)
   「キサス・キサス東京」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「ひとりじゃないから」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美



純烈関連記事の一括表示

line_1.gif

|

生存競争に負けたCD店

 今日、諸々の雑用を済ませ、るんるん気分で予約CDをお迎えにお店に行ったら、何と、「6月30日をもちまして、閉店させていただきました」 の張り紙が ……

え?、何これ?  
予約を入れてた人には、キャンセルの電話くらいくれてもいいのに……
ありえない無責任さだ (怒)
あれほど発売を楽しみにしてたのに~。 今日こそ全容が明らかになるとワクワクしてたのに~。

仕方ないので、すぐ家に戻り、「在庫あり。24時間以内に発送。送料無料。(笑)」 のネットショップでご注文。
それでも、ネットだと2日はかかるよねー (; ;)
とりあえず、配信サイトでカラオケごと全部ダウンロードしたけど、やっぱり私はCDがほしい!!

もっとも、今や、DL派が増えて、CDは売れなくなってきている。 そのCDでさえ、ネットショップで買う時代。 都心の大型店ならいざしらず、ベッドタウンの小さなCDショップなど、もうやっていけないのでしょうね。 CD派にとっては、寂しい時代になりました。

まあ、でも、おかげで、ささやかながらも、DLとCDと両方で売上に貢献できたのだから、これはこれで良かったのかもしれませんけどね。

line_1.gif

|

2011/07/04

私の大切な一枚、 【池谷直子】 「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」

 
   Kamiyo1_2  Kamiyo2_2

 心待ちにしていたCDが家に届きました。 \(^o^)/
封を開けた瞬間、夢の扉が開かれたようで、
部屋いっぱいに幸せの香りが広がっていくのを感じました。
たくさんの花が散りばめられたドレスに身を包み
にっこり微笑む直子さんは、お人形のように愛らしく、
迎えに来た彼の手をとって、今にも踊りだしそうなほど、
喜びに満ちあふれ、活き活きとした姿を見せています。
女の子なら一度は憧れるウエディング・シーンを、
一枚のジャケットの中に封じ込めることができるとは、
「さすが女優 & モデルさん!」 といえる表現力ですね。

裏返すと鮮やかなピンクと白の盤が目に飛び込んできます。
中ジャケも華やか!!  直子さん、本当に輝いてますね。
最高の笑顔で、聴く人を歌の世界へと招き入れてくれます。
見ているだけでも、CDに込められた思いが伝わってくるようで、
2つの歌たちが、心から いとおしく感じられます。 =^-^=

     bar5-2


【神よ何てお礼を言えばいいのか分からない】

 「ただ今結婚式真っ最中」 という男の人の、花嫁に
対する気持ちをメロディに乗せたとてもキュートな歌です。
詞も、曲も、歌声も、アレンジも、とにかく可愛らしい。
この花婿さん、お嫁さんより先に泣いちゃうし、
神様にお礼を言ってしまうほど手放しの喜びようで、
とても純粋な人だけれど、どこか笑える部分もあって、
直子さんのちょっとコミカルな歌声がすごくマッチしてますね。
優平さんヴァージョンより少しスローテンポということも
関係しているのかもしれませんが、直子さんの声って、
聴いていて、ほっとするような温かさがありますね。

楽しげなアレンジ。 イントロ・ラストの 「ポロンポロン」 が
すご~く気に入ってます。 ← はあと (*^o^*)
「決っして理想じゃなかった」、「君とめぐり合えた」 パート、
流れるように歌うストリングスがとっても素敵です。
この優しさと、リズミカルな曲調とのコントラストが抜群。
ラストでストリングスが盛り上がる点も魅力ですね。

     bar5-2


【恋ごころ】 

 思い人に届かない恋心を綴った優平さんの名曲。
優しく穏やかな表情の裏に隠された一途な思いに胸を突かれます。
男性の気持ちを歌った曲ですが、直子さん流の解釈による
清楚で、しなやかで、繊細な歌い方が涙を誘いますね。
特に 「あの涼しげな瞳さえ乱せれば」 の歌声がいいですね。
歌詞の背景を飾る淡いピンクの写真もすごく綺麗。
もしかして、思っている相手の女性って、こんな人なのかも
しれないと想像させるような画像ですよね。 (=^-^=)

サビのストリングスがめちゃくちゃドラマティック。
壮絶なサウンドが思いの強さを物語っているようです。
「あーあの人の」 パートの燦めき音や、コーダ、その他の
「キラキラ… シャラシャラ…」 というシンセも冴えてます。
アコースティックギターの澄んだ音色も心に響きますね。

     bar5-2


 写真からも、歌からも、微塵も感じられませんが、
直子さんは、現在のところ治療法も見つかっていない
「平滑筋肉腫」 の患者さんで、「がんの方のために歌いたい」
「がんの研究、征圧の費用に充ててほしい」 との思いから、
このがん患者支援の寄付付きCDを出されました。
歌に託した直子さんの気持ち、多くの人の心に届いてほしい、
大きく羽ばたいていってほしいと、心から願っています。
直子さんのプロフィールなどは、以前、このブログで
紹介しましたので、こちらをご覧くださいね。


 
※ この記事はHPとのダブルポストにしました。
   全く同じ内容ですが、「どんなレイアウトなのかちょっと見てみたい」
   という方はこちらへ。 別に、わざわざ見にいく価値もないですが (笑)


★ 池谷直子、シングル 『神よ何てお礼を言えばいいのか分からない』
            2011年7月1日発売 (0319-PRCD-1474)
    「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」 
            作詩:花岡優平、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美
    「恋ごころ」  作詩:花岡優平、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美

    ◆ 自主制作盤で、一般のCD店では販売していませんが、
      「バンド倉庫ARTIST SHOP」 で購入できます。

line_1.gif

|

2011/06/10

特撮ファンにも届けたい 『純烈』 新曲、「キサス・キサス東京」

 7月20日、ムード歌謡グループ 『純烈』 の新曲が発売されます!!
「キサスキサス東京」 と、カップリングの 「ひとりじゃないから」。
ヒーローソングとは違い、純粋な歌謡曲の世界ですけど、
「特撮俳優中心の純烈」 と 「矢野編曲」 との合体記念ということで、
                (↑ 何か無理矢理っぽい記念ですが … 笑)
特撮ファンの皆様も、是非応援してくださいね。

ユニバーサルミュージックのHPでは、早くも試聴が始まってます。
ムードたっぷりな歌で、特撮とのギャップがまた面白いかも。(^^)

         bar5-2


ここで、メンバーの主な特撮歴をおさらい。 (=^-^=)

  ・純烈のリーダー、酒井一圭さん
      百獣戦隊ガオレンジャー (ガオブラック・牛込草太郎役)
  ・メインボーカルの白川裕二郎さん
      忍風戦隊ハリケンジャー (カブトライジャー・霞一甲役)
  ・小田井涼平さん
      仮面ライダー龍騎 (仮面ライダーゾルダ・北岡秀一役)
  ・友井雄亮さん
      仮面ライダーアギト (仮面ライダーギルス・葦原涼役)
      ゴジラ×メカゴジラ (葉山進役)

となってまして、あとのお二人は特撮出身ではありませんが、

  ・林田達也さん、ビジュアル系バンドのボーカルとしてメジャーデビュー
  ・後上翔太さん、純烈参加のために大学を中退

……と、ユニークなメンバーが集まったグループです。
もっと深~く知りたい方は、Wikipedia で調べてね。


矢野さんの特撮系お仕事は、もう皆様ご存知かと思いますが、

  超電子バイオマン、 電撃戦隊チェンジマン、 超獣戦隊ライブマン、
  特警ウインスペクター、 特救指令ソルブレイン、 特捜エクシードラフト、
  もりもりぼっくん、 おもいっきり探偵団 覇悪怒組、
  ウルトラマンパワード、 ウルトラマンネオス、
  ウルトラマンティガ、 ウルトラマンダイナ、 ウルトラマンコスモス、
  超星艦隊セイザーX、 侍戦隊シンケンジャー、 てな感じで~す。
  各作品の詳細はこちらを見てね。

          ↑  ↑  ↑
    「検索用ワード」 をたくさん詰め込んでおきました (爆)

         bar5-2


 で、酒井さんといえば、クラッシャーカズヨシ!
映画 『クラッシャーカズヨシ ~怒る~』 の主題歌 「炎」 を歌うは宮内さん!
そして、宮内さんとくれば、やっぱり矢野さん!!!
……と、私の脳内回路では、こういう流れになってまして、(笑)
そういう意味でも、これは是非応援しなければ!! 
なぁんて思っちゃったりしてます。(^^)

ちなみに、なぜか、「炎」 のCDがウチにあったりして (*^o^;;
あ、話が逸れましたね。 「ひとりじゃないから」 の試聴は
まだ始まってませんが、こっちも、めっちゃ楽しみだ~♪

今夜は新譜と特撮の夢でも見ながら寝ることにしま~す。(=^-^=)


★ 純烈、シングル 『キサス・キサス東京』
         2011年7月20日発売 (UPCH-80241)
   「キサス・キサス東京」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「ひとりじゃないから」 作詩:水木れいじ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美




純烈関連記事の一括表示

line_1.gif

|

がん患者支援の寄付付きCD、池谷直子 「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」

 女優、モデル、歌手の池谷直子さんが、7月1日にCDを出されます。
すごく愛らしい 「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」 という歌と、
とっても素敵な 「恋ごころ」 の2曲。 (=^-^=) ☆彡
どちらもカバー曲で、作詞・作曲は花岡優平さん、編曲は矢野立美さんです。

池谷さんご自身、「10万人に1人」、「10年生存率 0%」 という 「平滑筋肉腫」 の
患者さんなのですが、そんな病気にも負けず、本業の傍ら、がん患者支援活動を
行うなど、日々、一生懸命に頑張っていらっしゃいます。

今回の新譜は、寄付付きCDで、日本対がん協会と、国立がん研究センターに
売上の一部が寄付されますので、皆様も、是非、池谷さんや、その他の
がん患者の方々を支援してくださいね。

このCDはプライベート盤 (自主制作盤) ですので、一般のCD店では販売されて
いませんが、下記のサイトから直接購入することが出来ます。
           ↓  ↓
    「バンド倉庫ARTIST SHOP」

         bar5-2


池谷さんの簡単な経歴を書いておきますね。

   ・ アフラックインフォマーシャル出演 
   ・ 日本司法書士会連合会ポスターモデル 
   ・ DVD 「ほんとうにあった怖い話 第九夜 遺書」 母役 
   ・ DVD 「ほんとうにあった怖い話 第十四夜 神隠し」 母役 
   ・ DVD 「ふたりかくれんぼ」 母役 
   ・ 映画 「ひとりかくれんぼ 劇場版」 補導員役
   ・ 畠山みどりショーなどに歌手として出演
   ・ その他多彩な芸能活動

         bar5-2


清水英彰さんのインターネットラジオ 「ヒデアキ&マユミのいくつになっても」、
第166回、第167回では、池谷さんのインタビューとともに
「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」、「恋ごころ」 も流れますので
是非お聴きになってくださいね。 第166回はあと3週間、第167回は4週間配信。

正式にCDが発売されたら、私のHPに曲の感想をアップしますね。
 (すぐには書けないかもしれませんので、気長に待っててくださいね)
      ↑
    ◆ 今日、感想をアップしました。こちらへどうぞ。 (2011.7.4追記)


最後に……
私も超多忙で、思うように応援ができませんので、これを読まれた皆様、
よろしかったら、いろいろな場所でこのCDのお話を広めてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。


★ 池谷直子、シングル 『神よ何てお礼を言えばいいのか分からない』
            2011年7月1日発売 (0319-PRCD-1474)
    「神よ何てお礼を言えばいいのか分からない」 
            作詩:花岡優平、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美
    「恋ごころ」  作詩:花岡優平、作曲:花岡優平、編曲:矢野立美


line_1.gif

|

2011/01/18

八代亜紀 「人生の贈りもの」、TV鑑賞

 ブログに書くのが遅くなりましたけど、
NHK 『新春オールスター なにわ歌の新年会』(2011年1月4日)で、
初めて、「人生の贈りもの」 の映像を観ました。 \(^o^)/
八代さんの温かいボーカルがすごく素敵でしたね。
白いドレス姿もめっちゃ綺麗で感激ぃ~ ☆彡

シングルは、アルバムとは別バージョンの新録。
明日、1月19日が発売日なんですよね。 早いところでは、
もう店頭に並んでるかと思いますが、私は明日買いにいきます。
すごい楽しみ~ ♪  ワクワク、ドキドキ……
PVはまだネット公開されないのかなぁ? これも待ってま~す。


【シングルの試聴】
 アマゾンでは、曲の前半部分が試聴できます。

      



【歌2番の試聴】
 コロムビアのホームページでは、歌の2番が試聴できます。 これは貴重。

【歌詞】
 こちらのサイトに歌詞が載ってますよ。


★ 八代亜紀、シングル 『人生の贈りもの』
        2011年1月19日発売 (COCA-16438)
    「人生の贈りもの」 作詩:吉元由美、作曲:都志見隆、編曲:矢野立美




【八代亜紀関連コメント】
     ◆ ホームページ ◆  八代亜紀の作品感想
             (ここから各リンク先の記事をご覧下さいね)
     ◆ ブログ ◆   八代亜紀関連記事の一括表示

line_1.gif

|

2010/11/07

「究極 サムライハオー 降臨!」 今再び、そして、「東映ヒーローMAX Vol.32」 の快挙

◆ 究極 サムライハオー 降臨! ◆

 この1年間のマイベストは、「究極 サムライハオー 降臨!」。
暇さえあれば、こればっかり聴いてた気が …… (=^-^=)
これぞと思ったCDは、確実に1年間は聴き続ける習性があるもので。 (笑)
もちろん、その合間には、しっかり他の曲も聴きますけどね。 (^^;;;

矢野サウンドの魅力が凝縮された 「究極サムライハオー」、
聴く度に 「矢野光線は絶大だ!」 と叫びたくなります。
私のホームページで、その思いを何とか形にしてみましたので、
よかったら行ってみてくださいね。

サムライハオーは、メロオケ、歌、カラオケが、下記サイトで試聴できます。


    


         bar5-2


◆ 音で楽しむシンケンジャー ◆

 今回の戦隊音楽は、「魂の三兄弟」 + 「菊池先生・宙明先生・矢野先生」
という魅力のラインナップ。  心熱くなる菊池先生の 「六人の侍」、
底力を感じさせる宙明先生の 「侍変形!ダイカイオー」、共に本当に素晴らしい。
高取さんの歌も燃えますよね。 特に 「斗え!シンケンジャー」 は印象的。
高木さんのBGMも抜群。 「覇王驀進 全侍合体!!」、カッコいいですね。
キャラソンでは、明るくてノリのいい 「はんなり めっちゃ武士道ガール」 が
お気に入りです。

世間的には、既に過去の作品となったシンケンジャーですが、
私にとっては、今が旬。 音のシャワーを全身に浴びつつ、
CDジャケや雑誌を眺めては楽しんでいます。 (*^o^*)

そして、次に目指すは、「宮内・矢野コンビ」 の復活。 
やっぱりファンは、何よりこれを待っているのだ!!
いつの日か、是非、是非、実現させていただきたいものです。


         bar5-2


◆ 「東映ヒーローMAX Vol.32」 に矢野立美先生のインタビューが!! ◆

 この雑誌のことを知ったのは、宮内さんのブログ記事。 
「わ~い。やった、やった!! 超、嬉し~ぃ!!」
もう、即、買いに走りました。  94ページから3ページにもわたる充実の
インタビュー記事。 聞き手は、豊田朋久さん。 豊富な音楽知識に裏づけされた
中身の濃いインタビューで、とても読み応えがあります。
矢野先生のプロフィールに始まり、バイオマン、チェンジマン、ライブマン、
レスキューシリーズに纏わるエピソードが、たっぷりと語られています。
そして、もちろん、新作のお話も。  またひとつ、お宝グッズが増えました。
豊田朋久さん、本当にありがとうございます!!

あと、雑誌をパラパラとめくっていて目に留まったのは、53ページの
「殿」のアップ。 ちょっと翳のある表情が何ともいえないですねー。
心に訴えかけてくるものがあります。 (=^-^=)


            


★ シンケンジャー関連コメント、一括表示

line_1.gif

|

2010/09/25

涙の名曲、八代亜紀 「人生の贈りもの」

 八代亜紀のアルバム 『人生の贈り物』 に収録された
「人生の贈りもの」 という歌、歌詞、曲、アレンジ、どれも素晴らしく、
ひとり静かに聴いていると思わず涙が出てくる名曲です。
「友」 は、ふんわりと心温まる良い歌で、これも超オススメ。

私のHPにも感想を書きたいのですが、今、その時間もありませんので、
とりあえず、試聴サイトの紹介だけでもしておきますね。
       ↑ ↑ ↑
  ※ 先日、漸く感想アップしました。(=^-^=)  → こちらからどうぞ
    「人生の贈りもの」はシングルが発売されます。 (11.1.18追記)


【曲冒頭からの試聴】
 40秒ちょっとですが、下記リンク先のアマゾンでは全曲試聴できます。


      



【歌後半の試聴】
 コロムビアのホームページでは、歌の後半部分が試聴できますよ。


★ 八代亜紀、アルバム 『人生の贈り物』
        2010年8月18日発売 (COCP-36333)
    「人生の贈りもの」 作詩:吉元由美、作曲:都志見隆、編曲:矢野立美
    「友」         作詩:悠木圭子、作曲:鈴木淳、 編曲:矢野立美




【八代亜紀関連コメント】
     ◆ ホームページ ◆  八代亜紀の作品感想
             (ここから各リンク先の記事をご覧下さいね)
     ◆ ブログ ◆   八代亜紀関連記事の一括表示

line_1.gif

|

«コメント、トラックバックは休止中です