« 金沢明子 | トップページ | ネットの試聴サービスって便利 »

2004/10/04

カリフラワー / パル

★ LP 『「NHKみんなのうた」より』 ★
              (1983年8月   C18G0180  キャニオン)

   ・「大安吉日」  歌:カリフラワー
             作詞:久保田衛  作曲:久保田衛  編曲:矢野立美

※ ひとことコメント  (今回も少し長め … 笑)
   この歌を聴いて思わず涙。 懐かしい~。 「NHKみんなのうた」で
  放映された歌。  優しさ溢れる歌声、メロディ、楽器使いが好きです。 
  コーラスとハーモニカも素敵。  よくTVで聴いていて、良い曲だと
  思ってましたが、矢野作品とは知りませんでした。  ある時、
  家のレコードを整理してて発見したんです。 「ウソ~、矢野さんだ~!」

   男性のバックコーラスが誰か気になったのと、「カリフラワー」って
  どんな人なのかという興味もあって、図書館でいろいろ調べました。
  「NHKみんなのうた」の雑誌に男女二人組みのグループ「カリフラワー」の
  写真が載ってました。 もちろん、矢野さんではありませんでした。(笑)
  ☆ NHK・TV放映は、1982年6月、7月



★ CDアルバム 『「NHKみんなのうた」より 大全集5』 ★
              (1991年3月5日   KICG 2025  キング)

   ・「大安吉日」  歌:パル
             作詞:久保田衛  作曲:久保田衛  編曲:矢野立美

※ ひとことコメント
   LPとはレコード会社が違うせいなのか、CDの方はパルが歌ってます。
  カラオケも別録音だと思います。 基本アレンジに大きな違いは
  ありませんが、カリフラワー・ヴァージョンはギターが前面に出てます。
  パルは、やや大人っぽい歌声。 カリフラワーのほうがキーが高い感じ。

  ☆ 私は所持していませんが、1983年にキングより発売されたLP、
  『NHKみんなのうたより VOL.20』(K20G-7129)に、パルの「大安吉日」が
  収録されています。 もしかして、CDと同一音源かもしれません。

line_1.gif

|

« 金沢明子 | トップページ | ネットの試聴サービスって便利 »

コメント

僕が「大安吉日」を作りました。
矢野立美先生の素晴らしきアレンジ、今も感謝しております。
偶然、当コーナーと出逢い、僕の作品のことを触れて下さって
いてとても嬉しく思いました。ありがとうございます!

投稿: 久保田衛 | 2004/11/17 14:44

 久保田衛さま、はじめまして。
温かいお言葉、ありがとうございます。
「大安吉日」は大好きな歌なのですが、歌を作られた方と
お話ができるとは思ってもみませんでした。 感激です!!

 歌詞もメロディもほんとうに優しさあふれる歌ですね。
この歌は、いつも心の片隅にしまっておいて、
折に触れふと口ずさんでみたくなる……そんな歌です。

 「NHKみんなのうた」の雑誌の中で、
「大安吉日」に託された想いということで、
「悲しみを乗り越え、訪れる喜びを支えに生きているのが
人間の姿かもしれません。… 中略 … 心の大安は
自分で努力しない限り得られるものではないように思います。」
という素敵なコメントを書いていらっしゃいますね。
本当にそのとおりですね。

 この歌詞は、誰かをモデルにして書かれたもの
なのでしょうか?  いずれにしても、「大安吉日」という歌と、
昔の雑誌のコメントと、今日の出会いとが、
一本の糸で結ばれたような気がして、私にとっても
とても嬉しい日となりました。 本当にありがとうございます。

投稿: ミュウ | 2004/11/17 16:06

 突然すみません。カリフラワーで検索していてたどり着きました。
 申し訳ないですが矢野立美さんをぼくは知りません。
 今から23年くらい前、大阪発、信州斑尾高原へのスキーツアーに参加して、そのツアーのゲストでカリフラワーが来ていて生で歌声を聞きました。(ゲスト付きって、今から思えば豪華なスキーツアーやなあ)
 イッパツでファンになり、当時出ていたシングル3枚すぐに買いました。女性の方(確か青木さんやったと思う)はCMソングとかも作曲していて、堀江みつこさんというアニメソング歌手のアルバムに「さよならマイラブ」って曲も提供しているらしく、オリジナルのカリフラワーバージョンがこの時一回きり聞けました。
 一番印象にあったのはその「さよならマイラブ」と「大安吉日」
でした。
 「さよなら~」は一回聞いて耳に残る曲でしたが、「大安吉日」はレコードで聞けば聞くほどすばらしい。
 ほんっと涙がでる名曲です。(今はレコードプレーヤーがないので聞けませんが…)
 「大安吉日」の作者の方も書き込んでられるくらいやし、カリフラワーどうされてるかどなたかご存知ないですか?
 矢野さんのページなのに非礼をおわびします。

投稿: ちょか | 2005/04/16 13:03

 ちょかさん、はじめまして。
大安吉日、歌詞もメロディも素晴らしくて、本当にいい歌ですよね。
私はテレビとレコードでしか聴いたことありませんが、
生で聴いたなんてすごいですね。 しかもスキーのゲストだなんて、
素敵な思い出が2倍という感じ。昔は夢のある企画があったのですね。

「さよならマイラブ」は知りませんが、堀江さんの歌なら
きっと心に残る良い歌なのだろうと想像しています。
この歌のカリフラワー・ヴァージョンというのも貴重ですね。

 残念ながら、カリフラワーが今どうされているのかは、
私には分かりませんが、どなたかご存知の方がいらしたら
教えていただきたいですよね。 出たのはシングルだけなのかしら?

投稿: ミュウ | 2005/04/16 17:32

 ミュウさん、ご返答ありがとうございます。
 わかりませんよねえ、カリフラワー。それはしょうがないとして、「さよならマイラブ」ほんとによかったんですよ。そのスキーツアーのときと、あと二回ほど知り合いのレコード屋さんで堀江美津子さんのアルバムから、お願いして聞かせてもらっただけやのに、サビ覚えてるんですよ、今でも。
「さよならマイラブ さよならジェラシー 彼女のことは話さないでね さよならマイラブ さよならジェラシー あなたをもう卒業したいだけ」やったと思います。
 すごい印象に残る曲やったんですよ。
 できることならもう一回聞きたいなぁ

投稿: ちょか | 2005/04/21 20:21

 歌詞を読んでいるだけでも、歌の魅力が伝わってきますね。
無性に昔の歌が聴いてみたくなることってありますよね。
ラジオ番組にリクエストされるといいかもしれません。

 私は堀江さんのことは詳しくないですが、
こんなサイトを見つけました。
★「堀江美都子さんの全曲リスト」
http://www.iamas.ac.jp/~tacwon/micchi/
★「堀江美都子さんのオフィシャルサイト」
http://www.micchi.net/

その他、ファンサイトはいろいろあるようですから、
「さよならマイラブ」がどこかのCDに収録されているのか、
とか、その他の情報が分かるかもしれません。

投稿: ミュウ | 2005/04/22 20:00

 お世話になりました。堀江美都子さんのところで作曲者が青木美恵子とのフルネームが判明しました。そしてついにたどり着きました。やはりカリフラワーは現在活動していませんが、その女性の方、青木美恵子さんはMIEKOという名で、現在もマイペースで作曲等活動をおこなってられるようです。
 そちらのサイトにもメールを出しては見ましたが、よく見ると、そのサイトや関連サイトにも「カリフラワー」のことはプロフィールを含め、いっさい書かれていません。
 ひょっとしてご本人にとって「ふれられたくない過去」なのかも…
 せっかく見つけたけど、もしそうなら、それはそれでしかたないのかと思います。
 でもボクにとってカリフラワーの大安吉日を含めた楽曲が若かりし日のよき思いでであることにかわりはありません。ミュウさんほんとに情報等ありがとうございました

投稿: ちょか | 2005/04/26 17:36

 カリフラワーの青木さんが今でも活動していらっしゃると分かって
私も嬉しいです。 こちらこそ、教えてくださってありがとうございます。
でも、サイトにカリフラワーのことが書かれていないのは残念ですね。

 私は昔の曲とか発掘するのが好きなんですが、「もしかして
ふれられたくない過去なのかも……」 と思う場面に遭遇することも
結構あるんです。 聴く側としては「大切な歌」ですし、
音楽史の中では意味あるものですから、複雑な心境ですよね。

 それでも、ご本人の意思をいちばん尊重すべきだと思いますので、
もしも、ここに書いてあることで、何か不都合があることが
判明したときには、メールでお知らせくださいね。 文を修正します。

 でも、ちょかさんや私みたいに、今でもカリフラワーの歌が好きな
ファンがいるということは、きっと分かってくださると思います。
想い出の歌、いつまでも大切にしたいですね。

投稿: ミュウ | 2005/04/26 20:28

ミュウさんお久しぶりです。
いつぞやは大変お世話になりました。MIEKOさんのサイトに書き込みしていたら、つい最近ご本人からお返事いただきました。
やはり「カリフラワー」のことは「MIEKO」としてデビューするに際し、スタッフに封印されたそうです。
なんか遠い思い出が突然昨日の出来事のようにズームアップしてきたみたいでしした。
ほんとうにありがとうございました。
今度せひ矢野さん関連の作品にもふれてみようと思います。

投稿: ちょか | 2006/02/20 11:45

ちょかさん、お久しぶりです。
「カリフラワー」のことは封印されていたのですね。 残念ですが、仕方ないですよね。 でも直接MIEKOさんと連絡がとれたのは本当に良かったですね。 それにスキーツアーでの思い出は永遠ですよね。

矢野さんの曲、試聴、TV、ラジオ等、お金のかからない方法で聴いてみて下さいね。 実は私、特別な場合を除いて、矢野関連曲しか買ってません。(^^;;;  お金が続きませんから…(笑)  矢野さんの試聴曲は、http://homepage1.nifty.com/yano-fan/t.htm  左のバーの試聴からも行けます。

投稿: ミュウ | 2006/02/21 17:12

この記事へのコメントは終了しました。

« 金沢明子 | トップページ | ネットの試聴サービスって便利 »