« ご近所物語 | トップページ | シティーハンターとエンジェル・ハート(1) »

2004/11/05

三谷晃代

【イントロダクション……EP入手に纏わるお話】
 
 最初に某オークションで買った三谷晃代「ひい・ふう・みい」のEP、スプレーが
かかっていてすごいノイズ。 これまで一度もレコード・スプレーなるものを使用
したことがなかったので、正直、これほど聴きづらいとは思ってもみませんでした。

で、結局買い直すことに……
二度目に我が家にやってきたEP、祈るような気持ちで針を落としました。
「おー、パチパチパチ」(←拍手)  音質バツグン!!  ノイズなし!!
綺麗な音で聴けてほんとうに嬉しい!!! (*^o^*)

特殊なケースを除いて、レコードはもう生産されていませんから、ある程度の音質
低下は仕方ないと思いますし、レア盤だと「聴けるだけマシ」ってこともあります。
でも、レコードが歪んでいて、深い凹凸があるものが送られてきたときには、
さすがに我が目と出品者の良心を疑ってしまいました。(@o@)  ネットでは実物は
見れません。 至る所に「安いのでノークレーム・ノーリターン」の落とし穴が……
そんなわけで、「この手の失敗談は数知れず」なのですが、
それでも懲りることなく、日々、レコード探しに勤しむ私なのでした。(笑)

今回は前置きがやたらに長いですが、この辺で本題へ……


★ 三谷晃代、EP 『ひい・ふう・みい』 ★
       (1977年5月20日   TP-10216  東芝EMI)

    ・「ひい・ふう・みい」 作詞:島武実 作曲:実川俊 編曲:矢野立美
    ・「あいつ」       作詞:島武実 作曲:実川俊 編曲:矢野立美

※ ひとことコメント

 【ひい・ふう・みい】
   「ひい・ふう・みい」というタイトルに象徴されるように、イントロや間奏の
   笛が古風な感じでいいですね。 花占いに託す乙女心を綴った歌です。
 
 【あいつ】
   典型的なアイドルという雰囲気で可愛らしい三谷晃代ですが、「あいつ」は
   予想外に骨太なサウンド。 この歌と写真とのギャップが良かったりします。
   決して暗い歌ではなく、ややアップテンポで、不思議なノリが魅力。
   イントロのリズムもいいし、ブラスとストリングスの使い方もいいですねー。
   コーダがめちゃくちゃカッコいい。 コーダは43秒もあって、この時代の
   歌にしては結構長いほうかもしれません。 特にラストのエレキ・ギターが
   すごく綺麗に決まってますね。

line_1.gif

|

« ご近所物語 | トップページ | シティーハンターとエンジェル・ハート(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53786/1876307

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷晃代:

« ご近所物語 | トップページ | シティーハンターとエンジェル・ハート(1) »