« 遠藤正明 | トップページ | エンジェル・ハート(3)、コミックス第14巻 »

2005/01/31

加藤登紀子

★ 加藤登紀子、LP 『ライジング』 ★
             (1982年   28MX-2040  ポリドール)

  ・「Running On」 作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子 編曲:矢野立美

※ ひとことコメント

   この歌、明るくて好きなんですよね。「Running On」という曲名に相応しく
   リズミカルな歌です。 いかにも加藤登紀子流の応援歌という感じで、
   歌声も魅力。 イントロのメロディもポジティブで素敵ですね。 
   アクセントとして使われているギターはとても楽しげな雰囲気。
   ジャズ・テイストのピアノもいい隠し味になっています。

   2番の歌詞は前向きで勇気づけられますね。
       本気で望むならば きっと叶えられる
       運のない時は誰でも つまずき敗れるけど
       泣きたいままに泣いて 川になれたならば
       いくつもの川を越えて 海にいけるものさ

   ボストンマラソンで活躍されたデリア・俊子さんのことをドラマ化する時に
   作った曲だそうですが(1981年夏)、ドラマのタイトルは不明です。 
   主題歌か挿入歌として使用されたのでしょうか?
   ご存知の方は、是非教えてくださいね。


   日本生命から非売品として出されたEPを見かけました。
   「冬の螢」のカップリング曲として、この歌が収録されています。
   メーカー:ポリドール、 レコード番号:DI-1512、 制作年:不明

   また、2000年8月にユニバーサル・ミュージックから出されたCDアルバム
   「TOKIKO SKY 蒼空」には、Sibusiso Victor Masondo 編曲の「Running On」
   が収録されています。 アフリカで録音したというだけあって、本場
   アフリカン・テイスト。 比較して聴いてみると興味深いと思います。

line_1.gif

|

« 遠藤正明 | トップページ | エンジェル・ハート(3)、コミックス第14巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53786/2758613

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤登紀子:

« 遠藤正明 | トップページ | エンジェル・ハート(3)、コミックス第14巻 »