« 加藤登紀子 | トップページ | 【ウルトラマンティガの過去ログ公開、はじめました!】 »

2005/02/14

エンジェル・ハート(3)、コミックス第14巻

 エンジェルハート14巻、しっかり発売日に買ってきました!!
今、幸せ気分に浸ってます。(=^-^=)  全体に流れる静かな空気が好きだし、
清々しくて心に灯がともるようなお話ばかり。 最近のエンジェル・ハートは
ほんとうに心のオアシスという感じですね。


【ミキちゃんのお話の結末】
 うわぁ、あったかですねー。 いいですねー。
いつも寂しげだった海坊主さんの幸せそうな顔が見られて本当に嬉しいです。
といっても、全然表情は変らないんですけど。(笑)
実の子供じゃないから大人になっても香そっくりになれないという香瑩、
何て健気な…… 思わず、「いいのよ、今のままでじゅうぶんに」と
声をかけてあげたくなります。 ラストの夕陽が眩しいですね。


【優しき店長】
 短いけれど、海坊主さんの優しさ、寛大さが伝わってくるお話で
すごく良かったです。 本当に CAT'S EYE があったら、絶対行ってみたい!!


【ジョイのお話】
 このエピソードもお気に入り。 特に125~7ページ、ジョイの涙のシーンは最高。
リョウの優しさが、たまりませんねー。 それに絵がとても綺麗。 流れるような
ロングヘアー、ジョイの美しい横顔、そして涙。 二人がシルエットになった
港の夜景も美しい。 もちろんリョウと香はベスト・カップルだけど、このシーンを
見てたら、もし私が香でも、やっぱり「ジョイなら許す」って言っちゃいそう。
絵に納得させられたっていう面もあるかもしれない。 やっぱり北条先生の絵は
マジックですね!! っていうか、すっかりジョイ・ファンになっちゃった。(笑)

 「私が先に死んだら、絶対好きなひとを見つけて……」と香は言ってるけれど、
私も以前同じようなことを言った記憶があるんですよね。 私が死んだ後、相手に
いつまでも悲しい顔をしていてほしくないですし、死んでまで相手を拘束したいとも
思わない。 いつかは立ち直って幸せになってほしいと思うんですよね。
ただ、「私はずっと一人であなたを思って生きる……」という香の台詞は、ちょっと
不公平というか香が可哀相な気がします。 この台詞はなくてもよかったのでは?
まだこの話の結末は読んでないので、断定的なことは言えませんが、香は
ジョイに、リョウが立ち直るきっかけを作ってほしかったのかもしれませんね。

 今回のエピソードに限ったことではないですが、私は、エンジェル・ハートに
出会えたことを感謝しています。 今のところ私は結構幸せな人生を歩んでいる
といえますが、でも、「いつ、大切な人と死別するかわからない」という
漠然とした不安はあります。 大切な人を失ったとき、自分自身がどうなるのか、
そしてどんなふうに対応していったらいいのか、正直いって分かりませんでした。
でも、エンジェル・ハートを読んでいて、すこし自信がついたのです。
きっと何とかやっていける、きっと立ち直れると。この物語は、私に心の準備を
させてくれていたのですね。 もしかして、原作者も我が身のことを考えながら、
作品を書いているのかもしれません。 ある意味、すごく自然で、すごく
リアリティのある物語だといえますね。

 と、シリアス・テイストはここまでにして……
香瑩が足で車のハンドルを押さえて、後ろ向きにロケット弾を撃つシーン、
シティーハンターの香を彷彿とさせていいですねー。(*^o^*)
それに香瑩のアクション・シーンは燃えます。

 はやくも15巻が待ち遠しいなぁ。 そのうち、テレビも観られるし、
ますます楽しみ。(^_-)v


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


line_1.gif

|

« 加藤登紀子 | トップページ | 【ウルトラマンティガの過去ログ公開、はじめました!】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。