« 超星艦隊セイザーX、第2話「燃えろ!グレートライオ」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第3話「白い旋風!ウインドイーグル」 »

2005/10/15

山田太一スペシャル2005「いくつかの夜」

 音楽誰かなぁと思いつつ、ちょっとドキドキでTVの前に正座。
OPテーマのイントロだけ聴いて、「あぁ、やっぱり矢野さんだ!!」
続いてOPクレジットで「音楽:矢野立美」を確認。
これ見ただけで嬉し泣き。 幸せ~~ (*^o^*)
見終わったあとも、なぜか一人でニコニコしてしまう私なのでした。(=^-^=)


 今、再視聴する時間がないので、詳細な音楽感想は
いずれまた書くとして、ドラマの感想を少し……


 なんだか、ちょっと切ないような、温かいような、でも
素敵なお話でしたね。 結構淡々と語られているけれど
ドキリとするようなシーンもあって、脚本の良さ、見せ方の巧さ、
演出の良さが実感できる作品だったと思います。

 このドラマの中で起こっている出来事は、私の日常とはかなりかけ離れて
いますが、それでも、「つながりあえる心を求めてる」という部分は
とても共感できました。 あの女の人も、老人も、
たったひとりでいいから、信じられる人がほしかったのですね。
それを見つけることができたから、二人とも立ち直ることができたんですね。
だから最後に、あれほど爽やかな笑顔になれたのでしょうね。


 最後、結婚の報告にきたシーンでの音楽、とても印象的でした。
それから、女の人が再度家に来て、「きてくれてありがとう」という場面、
ドキドキするようなストリングスでしたね。 シンセ曲も素敵でした。 
EDインストの優しさが、ドラマの持つ優しさにぴったりで
見終わった後の「ほんわか感」が倍増しますね。
ほかにも気に入った音楽はたくさんありますが、それは後日。


 緒方拳って、渋くてカッコいい俳優さんというイメージだったけれど
これほど可愛らしい老人も演じられるとは、さすが名優さんですね。
あの笑顔はかなり素敵です。(=^-^=)


【10月22日、追記】
 一人暮らしの老人の所に、あんな若くて綺麗な女性が現われたら
やはり驚きますよね。 それが現実なら、夢のようなロマンス。
でも、やはりあの老人はすごく大人でしたね。
大人としてあの女性に接していこうと決めた、
その心の移り変わりがとても良く描かれていたと思います。

 音楽感想を、こちらにUPしましたので、よかったら
読んでみてくださいね。(=^-^=)

line_1.gif

|

« 超星艦隊セイザーX、第2話「燃えろ!グレートライオ」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第3話「白い旋風!ウインドイーグル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53786/6410867

この記事へのトラックバック一覧です: 山田太一スペシャル2005「いくつかの夜」:

« 超星艦隊セイザーX、第2話「燃えろ!グレートライオ」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第3話「白い旋風!ウインドイーグル」 »