« 超星艦隊セイザーX、第10話「船長の正体」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第11話「父、帰る」 »

2005/12/09

エンジェル・ハート(6)、コミックス第17巻

【島津さんのお話】
 信宏が活躍するお話、期待以上に感動のエピソードでした。
島津さんの姿に自分を重ねた信宏。 島津さんを守ることは
結局、自分の生き方を貫くことでもあったわけですね。
ここで、「GHのために死をも辞さない」 と覚悟した信宏の回想シーンを
挿入したのは、演出効果抜群だと思いました。
「諦めたら終りだぁ!!」 という信宏の言葉、強烈ですね。
そして、我が身の危険を顧みず島津の前に飛び出していく信宏、最高ですね。
で、本当に運命を変えてしまった!! この「強さ」には言葉がないです。
こんなふうに、強く生きたいものですね。

 麗子がリョウの未来を透視して、リョウの未来には笑顔ばかり……
というシーンも、ものすごく感動的。 「依頼人が笑顔を取り戻さなかった
ことはない。 その笑顔がリョウを笑顔にする。」 そうそう、確かに
CHって、いつもそういう物語でしたね。 この台詞には、AHだけでなく
これまでのCHの歴史そのものの重みみたいなものが感じられますね。
「諦めたら終り… それが信じられるほど真っ直ぐな心なんて
とうにないけど… 今は、あなたのその笑顔を信じたい……」 という
麗子の台詞が、ものすごいリアリティをもってズシッと心に響いてきます。

 それから、香瑩のアクション・シーンもカッコよく決まってます。
やっぱりこういうシーン、見逃せないですよね。


【ミキの参観日】
 これがまた、感動の涙、涙のお話。 この手のお話には弱い私です。
海坊主にとって、また、ミキにとって、お互いがどれほど大切な存在で
あるかが、すごく良く描かれています。 二人の温かい心の触れ合いって
大好きなんですよね。 そんな二人のことを、最後には、
担任の先生や友達が分かってくれたという点も感動。
子育て経験者だからこそ書けるような繊細な心理描写も魅力ですね。


【AHについて】
 最近思うのだけれど、AHで描かれている世界にこれほど共感できるのは
多分、北条先生も私も、結婚してて子供がいる世代だから、
そういう共通のベースで理解できる部分が多いからなんじゃないかって
気がするんですよね。 だからAHを通して作者が伝えたい想いを
ストレートに受け止めることができるんじゃないかって……
北条先生のモノの見方、考え方には、すごく共感できます。
それでも、アニメAHの波には、いまだに乗れないでいる私。(^^;;;
まぁ、AH原作&CHファンとしては、いろいろ複雑ですよね。



★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


line_1.gif

|

« 超星艦隊セイザーX、第10話「船長の正体」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第11話「父、帰る」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。