« 超星艦隊セイザーX、第14話「未来からの敵、ネオデスカル」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第15話「危機一髪!シャークセイザー登場」 »

2006/01/06

シティーハンター、「ラジオのミニドラマ」(XYZ Ryo's Barより)

 1月1日放送の 「XYZ Ryo's Bar」 は、最近ラジオを聴き始めたばかりの私には嬉しいお正月プレゼントとなりました。(*^o^*)  まずは 「愛よ消えないで」 でCHらしいスタート。  前半は、過去のミニドラマを繋げて23分大河ドラマに編集し直したもの。  選曲も良くて、なかなか聞き応えがありました。  TVではあまり使われなかった曲もあって新鮮な気分。

    ………………………………………………………………

 「SARA」 が流れる中、リョウと美樹の二人が、リョウの店でおしゃべりするシーンから始まります。  この曲、懐かしいですねー。 大好きな歌。  開店祝いに来る海坊主を待つ間、買い物に出かける美樹。  海坊主の登場とともにかかる 「FOOTSTEPS」 は抜群にカッコいい!!  これ聞くとアクションシーンが見たくなってきますよね。  シチュエーションとしては、狭い店で二人きりだったリョウと美樹に何かあったのではないかと、海坊主が疑ってヤキモチを焼くというもの。 美樹と海坊主はうまくいってるのかとリョウが問う場面から流れるのは 「CRIME AND PASSION」。 ヤキモチが原因で美樹と海坊主は喧嘩になってしまうけれど、このシーンとハードな曲調がぴったり合ってますね。  リョウが、美樹の買物袋に大量の精力剤を発見して二人をからかうシーンから 「PARTY DOWN」 に変ります。  慌てて誤魔化そうとする美樹と海坊主、なんだかんだ言いながら二人の熱々カップルぶりが微笑ましいですね。

    ………………………………………………………………

 「海坊主&美樹」 話のEDから次の 「香エピソード」 冒頭にかけて流れるのは 「RUNNING TO HORIZON」。  リョウの店の壁にたくさん張ってある美女写真を見てヤケザケを飲んでる香。  カッコつけて言い訳するリョウだけど、結局100トンハンマーを喰らう。 ここで音楽は 「FIRE WITH FIRE」 へ。  厳しい世間に揉まれるうちにすっかり酒が強くなった香。 女が一人で頑張るのは大変だと泣いてますけど、分かる、分かる、香ちゃん。  ついでに新宿の様変わりを嘆く香。 若い子ばかりがイチャイチャしてる状況にお怒りの様子。  酔った勢いで、冴子や渚の写真にイタズラ書きする香だけれど、ポケットにたくさん写真を隠し持っているリョウに再び香のハンマーが!!  お勘定代りに自分の写真を置いていく香。 「金払え~」 と喚くリョウだけど、魔除けくらいにはなるかと諦めムード。(笑)  このエピソードを聞いてると、「早く結婚してあげなくちゃ香が可哀相」 と思っちゃいますよね。

    ………………………………………………………………

 「香」 話のEDから次の 「槇村エピソード」 冒頭にかけては 「STILL LOVE HER」 を使用。 これも好きだった曲だけれど、槇村の登場にぴったり。  それにしても槇村の声、懐かしくて嬉しいですねー。 死んでからもリョウの周りをうろちょろしてナンパ妨害してる槇村。  香は仕事のパートナーとして頑張ってるとリョウは報告してるけど、槇村は二人が人生のパートナーになることを期待してたみたいね。 でも、ハンマーがあるから香と人生のパートナーになれないというリョウ。  100トンハンマーで気付いたことはないかと問う槇村に、殴られるタイミングが絶妙だし、だんだん大きくなってくるし、どこから出てくるのか恐怖だというリョウ。 このハンマー、実は、香の身を案じて槇村が護身用に持たせたものだったことが判明。 ここで流れるのは 「PARADISE ALLEY」 、これもホントにあまりTVで使われてない曲だったのでラジオ登場は嬉しいかぎり。  天使のお姉さんのもっこり写真でまたまた香のハンマーを喰らうリョウ。 音楽は一瞬 「THE PRESSURE」 に。  人間もハンマーも成長するとは神秘だという槇村。 このシーンのBGMは 「FANTASTIC SPLASH」 。  それにしても、こんな風にミニドラマで槇村の本音が聞けるって面白いですね。  

    ………………………………………………………………

 「槇村」 話のEDから次の 「鬼百合エピソード」 冒頭にかけて流れるのは 「熱くなれたら」。 これも懐かしい思い出の曲。 CH3のED映像って最高に好き。 というか、私はこれでCHにハマったのでした。(*^o^*)  ゲスト美女ということで登場したのは山本百合子さん。  山本さん扮する若くて美しいシングルマザーが、娘のボディーガードを依頼しにくる。 調子に乗って、手を握ろうとしたリョウは、逆に手を捻り上げられ投げ飛ばされる。 この付近では「緊急生中継」の音楽がいくつか使われてますね。  で、出てきた娘の小百合は身長180cm、体重200㎏の巨体。 ここのBGMは 「ジャックのテーマ1」。 これは映像未使用だっただけに、日の目を見ることになってホントよかった。 小百合が無理矢理店に入ろうとして、店の入り口がガラガラと音をたてて崩れるところでドラマはお終い。

    ………………………………………………………………

 ほんと、楽しいですねー。 こういうミニドラマ、是非またやっていただきたいものですね。  で、後半は、エンジェルハート香瑩役、川崎真央ちゃんと神谷さんのおしゃべり。 これもとても楽しかったですよ。  エンジェルハートの主題歌・挿入歌もじっくり聴けてよかったですが、その合間にしっかりCHの曲が流れていたのもいい。 印象的なCH・BGMをリストアップしますね。

・麻上さんは、分からないことを教えてくれてとても優しい人。 信宏役の鈴木さんはお芝居が上達したという場面 …… 「Bay in the night」

・香瑩が初めてリョウパパの店を訪れるシーン …… 「EASY-GOING GUY」

・日本の伝統の着物を買ってもらえと冴子に言われたという場面 …… 「ASPHALT DANDY」

・プレゼント応募の宛先のお知らせBGM …… 「NIGHT MOVES」。 これも使用回数が少なかったのでラジオで聞けて嬉しいなぁ。

・ラスト曲は 「GET WILD」 で決まり!  やっぱり最後はこれですね。


◆ さらに期待なのが来週の放送。 CH音楽特集だそうです。 楽しみですね。



★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


line_1.gif

|

« 超星艦隊セイザーX、第14話「未来からの敵、ネオデスカル」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第15話「危機一髪!シャークセイザー登場」 »

コメント

新年あけましておめでとうございます。

 以前、Meteorという名前で書き込ませていただいていた者です。一身上の都合でネームの方をvestigeに変えさせていただきました。ややこしくで申し訳ありません。今後ともよろしくお願いいたします。

 正月はCHのSound Collection を聞き込んでおりました。ホントに音質向上していますね。リマスタリングってやつを施してあるんでしょうか。 「NINA」を聞いた時なんかは感動でした。
「愛よ消えないで」の Freak versionは私も初聴でした。

ドラマ編も、ミュウさんが以前お書きになられていたように素晴らしかったですね。ドラマCDは当然ながら、声とBGMと効果音だけで表現される為、どうしても絵で表せない分、説明的なセリフが多くなって不自然な会話が入っていたりしてガックリくることがあるのですが、これは脚本がよく練られており、またプロの声優さんの技量でとても自然に入り込めて、とても臨場感のある仕上がりでしたね。是非続きが聴きたいです。

「XYZ Ryo's Bar」、すごく面白そうですね。レーベル枠を超えての楽曲使用、音楽ファンにはたまりませんね。ネットラジオ化されたら良いのですが…。次回のCH音楽特集というのも気になりますね。

投稿: vestige | 2006/01/07 21:19

vestigeさん、お名前変えられたのですね。 こちらこそ今年もよろしくお願いしますね。

今回のCD、本当に音質が良くなってますね。 リマスタリングかどうか判りませんが、例えそうでなくても、CDを作る機械とかは昔より遥かにいいでしょうから、当然音も良くなってくるでしょうね。 実は私、「NINA」にはかなり期待してたんです。(笑)  「愛と宿命」のほうは、なぜかこの曲だけすごく音量が低くて音が篭もってるような感じで、前々からすごく気になっていたもので。(^^;;;  

ドラマは想像していたより遥かに良い出来で満足してます。 確かに絵がないので難しい面もありますが、いろいろ工夫してありましたね。 最後の告白でリョウが言えなかった「愛」という言葉、コミックスでは、漢字の上半分しか印刷されてなくて、これで「あ…」になってるんですよね。 脚本家の方も随分悩んだのではないかしら?(^^;;;  このドラマの終わり方は絶対続編を意識してると思いますから、きっと続きが出るのでは? それにCHブームの再来で、新作アニメへの期待も繋がったし、未収録音楽集だって夢ではないですよね? みんなで、公式サイトにメールとかで要望を出せば何とかなるかもしれませんね。

ラジオドラマは、各曲を惜しげもなく延々と流しているので、音楽ファンとしては非常に気分がいいですよ。 本当にネットラジオになるといいですね。 雑音が多いので、私も綺麗な音で聴いてみたいですし。

投稿: ミュウ | 2006/01/08 02:26

この記事へのコメントは終了しました。

« 超星艦隊セイザーX、第14話「未来からの敵、ネオデスカル」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第15話「危機一髪!シャークセイザー登場」 »