« 超星艦隊セイザーX、第21話「勝利へのフリーキック」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第23話「ミッションX!艦長を救え」 »

2006/03/10

超星艦隊セイザーX、第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」

 ニフティ側のトラブルで使用不能状態が続いていました。  やっと投稿できるようになりましたが、ちゃんとトラバできるかしら?  ちょっと心配ですが、一応トライしてみます。  でも、またダメになるかも?  前から不調が多かったけれど、ニフティ選んだの間違いだったかしら? …… 前置きが長くなって済みません。 m(_ _)m


 今週は、バトルシーンがカッコ良かったですね。  ストーリーのほうは混沌としてきた感じもしますが、これから先、どういう方向に行くのでしょうか?  期待しつつ見守りたいところです。


◆1◆ 前回ブレアとジャッカルが組んだので、一気に反ネオデスカルの方向に加速するのかと思っていたら、そんな単純な展開ではありませんでしたね。(^^;;;

一番気になるのは、ブレアードの立場が微妙になってきたこと。  ジャッカルと拓人の対決で、思わず拓人を応援してしまい、ブレア自身も 「どっちの味方なんだ」 と戸惑っているけれど、今後どうするのでしょうね。  ブレアとジャッカルの共通点といえば、ネオデスカル不満分子であるということと、特定の闘いたい相手がいるということ。  ただし、ブレアは正々堂々と、一方ジャッカルはどんな手を使ってでも倒すのが主義。 

そして今回のブレアの役回りはご意見番。  ジャッカルの卑怯な戦いぶりを批判したり、「一人ぼっちじゃ、勝てねぇんだよ」 と言ったりしている。 (ちなみにこの台詞はズシッときていいですね)  ということは、ブレアと組んだことで、ジャッカルが少しずつ変っていくのかしら?  拓人との二度目の対決では卑怯な戦いはしなかったので、多少その兆しは見られるけれど、今の段階では何とも言えないですね。

ブレアが拓人と闘いたいというのも、殺すとかいうことではなくて、むしろスポーツとしての格闘技で試合をして技を競い合いたいだけのような気もするし ……  ましてや、「打倒セイザー!」 ではないし、かといって 「打倒ネオデスカル」 でもない。 今回ブレアが悩んでいたように、視聴者もいろいろ悩めということ? (笑)  とにかくブレアの行く末がますます気になりますね。


◆2◆ 今回は戦闘シーン炸裂でしたねー。  2度目のジャッカルと拓人の対決はスリリングでスピード感にあふれていて抜群。  さらに燃えるのが、ドリルアングラー冷凍凍結以後。  コアブレイバーがアドルイーグルに乗って、上空からドリルアングラーめがけて飛び降りるシーンは最高にカッコいい!!  気分爽快な場面でしたね。


◆3◆ 「拓人は野生のカンで戦うタイプ」 って、確かに言えてますね。(^^;;;  なぜ拓人は単独行動をしたのか、なぜ隊長にジャッカルの決闘申込みを伝えなかったのか、その理由も映像で描いてほしかった気がしますが、時間が足りなかったのかな?


◆4◆ 次回は、拓人、アド、ケインがガレイドのワナに嵌まり捕まるようですが、カッコいい救出劇を期待してます。

line_1.gif

|

« 超星艦隊セイザーX、第21話「勝利へのフリーキック」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第23話「ミッションX!艦長を救え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53786/9017125

この記事へのトラックバック一覧です: 超星艦隊セイザーX、第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」:

» セイザーX、春子さんがいない日 [東洋亭パーツ館]
 本来のコスモカプセル探しにもどり、これまた本来の東宝特撮の醍醐味、巨大ロボット [続きを読む]

受信: 2006/03/10 17:17

» SAZER X #22 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
毎度のことながら、今回も至る所で「小コント」が見られる。で、それに着目してみることにしました。で、BGMはお笑い関係のコンピレーションCDである「エンタの歌道」というものにしてみたら、これが結構物語にマッチしちゃって...(でも、後半のバトルシーンは「彼女の情景」(「ケータイ刑事銭形愛」の主題歌)にしてみました。) それぞれの基地でのやりとり。レミの授業(って、何の?)をサボった拓人。「実戦はセオリー通りにはいかない」という拓人の言い分も一理はありますが、アドの「拓人の頭じゃあ、まともにセオリーを教... [続きを読む]

受信: 2006/03/10 17:48

» セイザーX 第22話 驚異の変形!ドリルアングラー [ばんどわごん]
前回「とりあえず」と21話と両方にトラックバックしていただきすみませんでした(ぺ [続きを読む]

受信: 2006/03/10 19:14

» 超星艦隊セイザーX第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」感想 [mk.com記録書庫]
どつか違和感あるなと思ひつつも、面白くて濃ゆい囘だつたのは確か(Aパート終了時、まだ半分だつたんだ!と、素で驚いた)。調子に乘つてゐるたつくんそれよりも、レミー先生のレッスンがまだ續いてゐたことに驚いたのだが。ジャッカルとタイマンする拓人裝着をさせないといふ、ジャッカルの手段を選ばないところが素敵。拓人の中の人はそれなりにアクションができる人なのかな?吹き替へぢやないよね、あの動きは。ジャッカルと戰つてゐるときの拓人の顏がなかなか凜々しかつた。あゝいう顏もできるんだな。ジャッカルが生身の拓人を痛めつ... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 15:25

» セイザーX感想 #22 [振り向けば二次元]
今日の主役はタイトル的にはジャッカル、ストーリー的にはタッくん。そして影の主役は勿論ブレアード(笑)野生の勘に支配されてるタッくんは、シャーク隊長の指示を無視して単独行動した結果ジャッカルに叩きのめされてしまいました。この単独行動を責められてましたが、ここはレミ... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 18:59

» 超星艦隊セイザーX 第22話『脅威の変形!ドリルアングラー』感想 [■不二乃耳袋■]
超星艦隊セイザーX 第22話『脅威の変形!ドリルアングラー』感想 シャークリーガーの戦艦の中でレミーに突っつきまわされるたっくん。たっくんがレミーの授業をすっぽかしたのが原因のようだ。 ははは、机にかじりつくの苦手っぽいもんね。 ネオデスカル組ではコスモ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 14:56

« 超星艦隊セイザーX、第21話「勝利へのフリーキック」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第23話「ミッションX!艦長を救え」 »