« 超星艦隊セイザーX、第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第24話「第四の将軍」 »

2006/03/11

超星艦隊セイザーX、第23話「ミッションX!艦長を救え」

 今週はサブクルーたちが大活躍。  見所満載だったうえ、ブレアとジャッカルの立場も読めてきてなかなか良い出来でしたね。


◆1◆ 前回、ひとりじゃ勝てないと言ったブレア。  相変わらずブレアの言葉に耳を傾ける気がないジャッカルだけれど、考え方の違いは棚上げして、とりあえず共存していこうということみたいですね。

ガレイドの人質作戦に対しても、卑怯だと怒るブレアに対して、作戦としては悪くないと評価するジャッカル。  しかも 「元はセイザーと闘ってたんじゃないのか?」 と痛いところをつかれるブレア。  「どうする?」 と相談しても 「俺には関係ない」 と冷たくあしらわれるし、表面的にはうまくいってないかに見える二人だけれど、実はそうでもないことが判明したのが今回の最大の収穫でした。

その収穫の場面とは、これ。 → 「おせっかいは終ったのか? 暇なら手伝え、修理、一人じゃしきれねぇ。」 「仕方ねぇなー。手伝ってやるか。」  わぁ、このシーン、良すぎて300点満点!!  ここだけ何度も観返してたりして。(笑)  最後にフッと笑うジャッカルがいいですねぇ♪  「ブレアの行動をさり気なく観察していて、ブレアがセイザーに協力するのを容認してる。ジャッカルってやっぱりいいヤツじゃん。素直じゃないだけなんだ。シャークのこともきっと誤解してるんだ。だから、いつかはシャークのことも分かるんじゃないの?」 なんて一人で希望的観測を …… (笑)

それにもうひとつ、拓人たちの居場所が分からなくてレミーが困っているところへ、タイミング良くブレアから連絡が入るというのもナイスな展開。  ジャッカルに何と言われようと、自分の良心に従って行動するブレアが光ってます。  「うん、うん、さすがブレアだよ。ブレアはこうでなくちゃ」 と納得してしまいました。  多分、ジャッカルは、ブレアのこういう部分に動かされたのでしょうね。  今後ジャッカルはきっと変る、変ってほしい。  実際どうなるか分かりませんが、これが私の願いです。(^^;;;


◆2◆ そして、出ましたゴルドさん!!  これまで、短くても強烈でしたけど、こんなに長いセリフは初めて!!  あまりの新鮮さに思わず聞き入ってしまいました。  長時間画面に出ただけでも十分感動。  日本語上手です。  しかもレミーにいいアドバイスまでしてるし、やっとゴルドさんが活躍してくれて嬉しいですね。  敵の基地で拓人たちを探す時の 「ゴルド・ダンス」 は笑えますねー。


◆3◆ 「艦長も俺もパートナーとして互いを信頼している。それ以外何も必要ない」 なんて、メチャかっこいいこと言うゴルドさんに対して、「自分もそうなれるかなぁ」 と自信なさ気だったレミーが、見事に拓人への信頼感を育てていった点も見所のひとつ。  ゴルドの心配をよそに 「やれるかどうかじゃなくて助けに行くしかない。拓人ならきっとそう言うはずだ」 といって行動を起こしたレミー、素敵でしたね。  いつも子供扱いばかりされていた拓人ですが、ようやく、拓人の良さが認められるようになったのですね。


◆4◆ さらに、すごい見所が!!  鍵のかかったドアをあけるために、スーツからすぅっと抜け出して、ドアの隙間から向こう側に行くアインは最高!!  え~、こんな特技があったの? すごい、すごい。  それに、アインの中身ってあんな風になってたのね。  まさか、中を見せてもらえるとは思ってもいなかったので、なんかすごく得した気分。(*^o^*)  ずっと見てきた甲斐がありました。 もう大満足。  しかも、拓人たちが危機一髪という場面で、スーツ内に戻り、救出の立役者になるし、ほんと今回のサブクルーの活躍には目を見張るものがありますね。


◆5◆ 拓人たちのシールド解除、装着の後、セイザー総出のバトルも迫力ありましたね。  しかも、レミーの銃さばきと、空中回転アクションのカッコいいこと!!  隊長じゃなくても 「みんなよくやってくれた」 といいたくなるような展開でしたね。  その隊長さん、ラストに人間らしい一面を見せた点も良かったです。


◆6◆ そして、またまた気になる次回予告。  謎の宇宙人女性登場。  もしかして、もしかして、「ついに来た~っ!」 なのか??  ブレアの恋ってこのこと?  でも、拓人が 「キミといっしょに暮らす」 と言ってるように聞こえたけど……  まさか拓人と取り合いになるの?  わぁ、ちょっと期待と不安が入り混じった複雑な気持ち。  う~ん、来週が待ちきれない。

line_1.gif

|

« 超星艦隊セイザーX、第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第24話「第四の将軍」 »

コメント

おお、ついに雷様登場ですか、次回? ということは、たっくん・ブのつく人・雷様で三角関係ですか? いやはや、楽しみでしょうがありません。わくわくわくわくわく。

投稿: よめる | 2006/03/12 21:35

よめるさん、コメントありがとうございます。  ホント楽しみですよね。  で、たった今、公式に行ったら過激なネタバレが……  すぐに公式にGo!!ですよ。(*^o^*)  ますますドキドキワクワク。

投稿: ミュウ | 2006/03/13 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53786/9039716

この記事へのトラックバック一覧です: 超星艦隊セイザーX、第23話「ミッションX!艦長を救え」:

» セイザーX、ゴルドさん饒舌 [東洋亭パーツ館]
 あそこまでいっぱい話すとは、正直いって、予想もしてなかったっすよ >ゴルドさん [続きを読む]

受信: 2006/03/11 17:25

» SAZER X #23 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
今回はレミーとゴルドの活躍編であるが、「パートナー」という言葉がキーワードとなっている物語。ということで、今回のBGMはダ・カーポの「ベストパートナー」をチョイスしてみた。でも、結局はブレちゃんが美味しいところを持っていった... 前回負傷したシャーク隊長は意外と重症でしばらくは絶対安静。ということで、レミーが実質的にリーダーとなっているが、ゴルドが良いことを言ってくれます。組織というものは、結局はゴルドのような縁の下の力持ちがいるからこそ成り立つものでもあり、いくらトップが優れていてもその組織は上... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 17:26

» 超星艦隊セイザーX第23話「ミッションX!艦長を救え」感想 [mk.com記録書庫]
お樂しみ、副官話。實(実)は重傷だつたシャークレミーとシャークの遣り取りが、まるで若奧樣と年の離れた旦那樣のやうだと思つたのは私だけだらうか。いつの間にか仲が惡くなつてゐるアクアルとグローザについて二人の女の間で繰り廣げられる、嫌味と冷笑の應酬(応酬)。見てない間に一體(一体)何があつたのか。アクアルとしては、「負けた上に(なぜか)松葉杖をついて歩いてゐるグローザなんて、全然大したこと無いわ」と云ふことかね。偉大なるガレイド様、御自ら御出陣時空シールダーを使ひ、裝着できなくなつた拓人・アド・ケインを... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 20:40

» セイザーX感想 #23 [振り向けば二次元]
今日の主役は副官達。艦長を救う為に、副官達が駆け回りました。アドが居ないのに起きてたり、アド以外の人と会話しているゴルドさんは珍しかったです。また、センサーを避けるときの怪しいダンスも見ものでした。避けてる最中にセンサーのラインが画面に出てないのとBGMとが相ま... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 18:00

» 超星艦隊セイザーX 第23話『ミッションX!艦長を救え』感想 [■不二乃耳袋■]
超星艦隊セイザーX 第23話『ミッションX!艦長を救え』感想 縁側で みんなでおにぎり あぁほのぼの いいね〜団欒。ハルママもステキよね。生活水を水撒きに使うとは良き母ですね。 ドリル船ではブレ兄とジャッカルがぶつかり合ってます。なんかお互いの見解の違い....... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 21:12

« 超星艦隊セイザーX、第22話「脅威の変形!ドリルアングラー」 | トップページ | 超星艦隊セイザーX、第24話「第四の将軍」 »