« 侍戦隊シンケンジャー、第四十一幕 「贈言葉」 | トップページ | 北原ミレイ 「ショパンの雨音」 (TV鑑賞記) »

2009/12/14

侍戦隊シンケンジャー、第四十二幕 「二百年野望」

アクマロの策略、すごいですね。 手に汗握る展開となってきました。
それにしても、裏正が十臓の家族でつくられていたとは驚き。
太夫が新左を三味線に変えたというのもびっくりだけど、
どちらも、外道衆に相応しい設定で、説得力はありますよね。

次回、十臓がどう動くのか、すごく気になりますね。
予告では、裏正を振り下ろしているように見えましたが。
「最後一太刀」というタイトルからして、十臓も最後なのでしょうか?

地獄の瘴気が噴出すシーンは迫力ありましたが、
全員が気絶してしまうくらいですから、相当に凄まじいものみたいですね。
200年もの時間をかけてまで 「地獄が見たい」 と望むアクマロですが、
そこまでさせる理由が一体何なのか、それは明らかにされるのかしら??

★ 話は変わるけど、2月の全曲集発売、すっごく楽しみ~ ♪


★ シンケンジャー関連コメント、一括表示

line_1.gif

|

« 侍戦隊シンケンジャー、第四十一幕 「贈言葉」 | トップページ | 北原ミレイ 「ショパンの雨音」 (TV鑑賞記) »