« ウルトラマンダイナ サントラ BOX、ジャケ写真発表!! &「今日のダイナ」 | トップページ

2016/03/30

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、聴きました!! \(^o^)/

 3月30日、ついに『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』が発売となりました!!   やはり、過去のCDがひとつのボックスに収まるというのは感慨深いものがありますね。

各曲の感想は、以前からたくさん書いてますので、「ダイナ過去ログ」などをご覧くださいね。  スペシャルディスクについても、前の記事で少し言及してますので、今回は、書くとお約束していたリマスターのことと、座談会を中心にコメントすることにしますね。♪


         bar5-2


【リマスターの魅力】

 まだ時間がなくて、ごく一部しか聴いてないのですが……   キャハキャハ、やっぱり、ぜんぜん音が違う~ \(^o^)/ ♪♪♪   音に立体感と深みがあり、楽器ごとのパートもくっきり。  楽器の余韻まで綺麗に聴こえてくる。  以前のCDは、「くもりガラス越し」だったのだと実感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● Vol.1の「アスカ」、ギターのエフェクトがすごいですねー。  圧倒的パワーで迫ってきて、まるで嵐。  新旧比較すると、河口の波が、大海のうねりに変わったくらいに違います。

トランペット曲は、指の動きまで見えてくる感じ。  迫力だけじゃなくて、繊細な息遣いも伝わってくる。  ティンパニやシンバルは響きも抜群。  ドラみたいな音もはっきり聴こえてきちゃったりしてすごいですね。

ストリングスも、すっきりしたサウンドになってて綺麗だし、ピアノ曲はすぐ近くで聴いてるみたいで感動しました。(同じピアノでも、「僕の未来」は録音状態がいい。 ピアノの位地とか、スタジオの造りとかも関係あるのかしら?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● とにかく、18年目にして、目からウロコのすごいサウンド体験ができてしまったこと……、これはもう、ひたすら、高島幹雄さんに感謝するしかないですね。  ネットショップなどではいずれ試聴もできるようになるかと思いますが、試聴はファイルサイズ縮小のため変換したもので、CDはもっと高音質。♪  せっかく、高島さん&スタッフさんが頑張ってくださったのですから、是非、CDの良い音で楽しんでいただけたらと思います。


         bar5-2


【矢野立美先生座談会】

 座談会、とても貴重で、かつ興味深い内容ですね。  サントラは一人の力じゃできないですものね。  改めてそのことに気づかされました。

楽曲そのものの素晴らしさは言うまでもないですが、それだけではない。 このサントラはすごい。 何かが違う。 空気感が違う。 発売当時、そう感じました。  CDを手にしただけで、作り手の意気込みは、もう、ホントにひしひしと伝わってくるものがありましたね。  言葉にしなくても、受け取る側には、はっきり分かります。

いろいろな方のお力があったと思いますが、中でも藤田昭彦さんのご功績は本当に大きかったのですね。  心から感謝したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 私は「矢野サウンド命」の人ですが、今回ばかりは自粛モードにしときます。(笑) (まぁ、HPのお好きなところでも読んでみてください。 ほとんど、矢野サウンドのことしか書いてませんから … 爆)

そうそう、レコーディング時、笑っていたというエピソード、なんだか光景が目に浮かぶようで、こちらまで笑ってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● あと、ミュージシャン名が分かったのはすごくよかったです。  「出動命令」の(M50)などは、エリック・パワー全開な雰囲気だと思ってましたが、やっぱりそうだったんですね。  ほかにも、お馴染みの方が活躍されていたことが分かり、大収穫!! (私、スタジオ・ミュージシャン大好き人間なので)

作った音楽に曲名がついたときの矢野さんのお気持ちが伺えたのも嬉しかったです。  そして、曲名に関しては、やはり早川優さんの抜群なセンスがものをいう!、という感じですよね。  サントラ構成も素晴らしいですし、解説文も、今読み返してみても、神業だなぁと思います。


         bar5-2


【最後に】

 時間の都合上、割愛させていただいたこともたくさんありますけど、本当に、随所に魅力がたっぷり詰まったボックスに仕上げていただいたこと、本当に嬉しく思っています。

最後になりましたが、企画構成をしてくださった高島幹雄さん、座談会を取材し記事をまとめてくださった腹巻猫さん、そのほかのスタッフの皆様、いろいろご苦労もあったことと思いますが、本当にありがとうございました。

今回、映画『ティガ&ダイナ』サントラが復刻されなかったのは残念ですが、高音質盤発売の夢と希望だけは、これからもずっと持ち続けていようと思います。  (詳細は『映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」音楽に救いの手を!』の記事へ)


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

« ウルトラマンダイナ サントラ BOX、ジャケ写真発表!! &「今日のダイナ」 | トップページ