2019/03/27

ウルトラマン 【矢野立美インタビューと、LP化への展望?】

 『増補改訂版 地球はウルトラマンの星 ティガ編』(著者:切通理作)の「矢野立美インタビュー」、大変貴重なお話で、新発見もいろいろあり、ファンとして、とても嬉しい企画となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、そればかりではありません。  ティガとダイナは、矢野ファンになって初めて、毎週リアルタイムで「映像&音楽」を追いかけた作品で、今回のインタビューは、改めて、その事実を思い起こさせてくれるものでした。

サントラ自体はいつも聴いているので、「過去の作品」という認識は全くないのですが、本書で語られる言葉のひとつひとつは、私にとって、すごい懐古モードで、思わず引き込まれる内容。  「そうそう、そんなこともあったよね。あんなこともあったよね。」と共感しながら読ませていただきました。

サントラのブックレットの価値についても再認識しました。  特撮系サントラって、以前からブックレットが充実してるものが多かったと思いますが、これは素晴らしい伝統ですよね。  ウルトラの矢野サントラでもそれを踏襲していて、どのCDライナーも読み応えのあるものばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに特筆すべきは、編著者としてだけではなく、ファン目線でインタビューしている部分も多々あって、温かさも伝わってくるというか、切通理作さんの特撮作品への愛が感じられます。  インタビュー記事をまとめるのも大変だったと思います。  切通さん、本当にありがとうございます。

まだ一部しか読んでいませんが、とても充実した書籍。  ウルトラマンの制作に関わった方々、観ていた方々、そして切通さんご自身にも、それぞれ「ウルトラマンにまつわる"物語"」があって、それらは、この本と同じくらい ずしりと重たいです。  みんなが「本気」になれるウルトラマンって、ホントにすごいですね。

増補改訂版 地球はウルトラマンの星 ダイナ&ガイア編』も同時発売となっています。  今は時間的余裕がないですが、いつかこちらも読んでみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウルトラマンの音楽を作ってくださった矢野立美先生(←いつもは「矢野さん」なのに突然「先生」になる…笑)に対しては、「尊敬」という言葉以外にはありません。

曲を書くのは本当に大変だったかもしれませんが、今、手元にある音楽が、今、流れている音楽がすべてを物語っています。  何度聴いても新鮮だし、何度聴いても感動は変わりません。  映像の心になりきった音楽であり、語りかけてくる音楽、ものすごく言葉に近い位置にある音楽です。  矢野サウンドに出逢えて本当に良かったと、いつも思っています。

         bar5-2

 ここから先、直接インタビューとは関係ないですが、いちファンの世迷い言だと思って聞いてください。

できることなら、ティガを、「最高の音質で、1曲、1トラック」で聴きたいです。  でも、どういう方法ならそれが実現できるのか、よく分かりません。

「LPにすれば、1曲1トラック問題は、あっさり解決か」と思いきや、事はそう簡単でもなさそうです。  音質的には、「昔のアナログマスターテープから作った、その当時の出来たてアナログレコード」が一番なのかもしれませんが、ティガのマスターテープは、「アナログレコードの時代」に作られたものではないですよね?  そういう音源からLPを作っても、期待するほどには音が良くならない可能性もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに、リマスターCDの場合、「編集劣化」とか「コピー劣化」、「音圧の上げ過ぎ」も心配です。  (参考までに、K.Kojimaさんが書かれた『「昔のCDは現在と比べると音圧が低くてショボイ」というのは誤解である。』という記事には大変共感していますので、よかったらリンク先に行ってみてください。 昔のCDで本当に音のよくないものも多々ありますけど、それはまた別次元の話ということで。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティガに戻りますが、音質が低下するなら、「1曲、1トラック」は諦めます。

LPにしてもCDにしても、どうか、再発売するときには、「今ある技術で最高の音」と言える形式にして出してください。 心からお願いします。   そこまでこだわりたいほどに大切な音楽なのです。 「大切だからこそ、こだわりたい」という思いが、どうか届きますように……


★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら
line_1.gif

|

2019/02/11

シティーハンター映画、観ました!!

 「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」観てきました。  私が観た回は、オールドファンと思われる年齢層の方も多く、やはり、20年ぶりのCH新作に、「何としても駆けつけたい」との思いで来られたのでしょうね。  では、ネタバレにならない範囲で感想を書きますね。


◆ ストーリーは、CHらしくて面白かったです。  リョウと香の心理描写も納得。  絵も綺麗でした。

◆ リョウ、香、海坊主、美樹、冴子の懐かしい声が聞けて本当に嬉しかったです。  昔の声を出すのはとても大変なことだそうですが、これは、もう、拍手モノだなぁと思いました。  亜衣ちゃんや御国の声も素敵でした。

◆ CHではお馴染みの脇役さん達とも再会できて良かったですが、なかでも、あのキャラの登場は嬉しいサプライズ。

◆ 音楽は新旧ともに、全部よかったです。  昔からのファンとしては、やはり、懐かしの曲を聴くと、無意識にCHモードのスイッチが入ってしまいますね。 これはもう理屈じゃないですね。  そんな思いを受け止めてくれるのが、「VOCAL COLLECTION」 CDだと思いますが、これについては、別記事、「特別な一枚♪ シティーハンター VOCAL COLLECTION」にコメントを書きましたので、よかったら読んでくださいね。

個人的には、劇場で矢野さんの曲が聴けて感激でした。\(^o^)/   もちろん、エンドクレジットの「矢野立美」の文字もしっかりこの目に焼き付けてきました。 「矢野サウンド命」の私なので、「これを見ずして、何を見る!」という気合いで!! (笑)

◆ エンドロールのスペシャル映像は、眩しいほどに輝いて見えました。  ファンへの最高のプレゼントですね。(=^-^=)



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

特別な一枚♪ 「シティーハンター VOCAL COLLECTION」

 CHのサントラは過去に何枚も出されてきましたが、この 『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤)』 、既存曲ばかりなのに、特別な思いを抱いてしまいますね。  それは、「よく帰ってきたね!」の象徴であると同時に、「これぞCHだよね!」というエッセンスが凝縮された音楽群だからです。

映画を観に行った後、CDを聴いて、その余韻に浸っていますが、単純にそれだけではなく、『VOCAL COLLECTION』を通しで聴くと、「たった今、CHTVシリーズの1から'91まで全話を一気に観終えた」という気分にもなれるから不思議です。  作品内容だけでなく、観ていた当時のさまざまな想い出も一緒に蘇ってくるのですから、音楽の力は偉大ですね。

「LONELY LULLABY」の歌詞じゃないですけど、聴く人には、「それぞれの物語」があるんですよね。  私の場合は、シティーハンター・ページの冒頭にも書いたとおり、初めて矢野立美サウンドと出会い、「音楽が生きている!」と感じた衝撃の作品だったわけですが、きっと、皆さまも、あふれる思いを胸に、このアルバムを聴いていらっしゃることでしょうね。

CHのサントラを繰り返し聴くうち、いつしか、音楽そのものが、夢や勇気や安らぎをくれる存在になり、今では、完全に生活の一部になっています。  シティーハンターの音楽は、私にとって、かけがえのない大切なパートナーでもあるのです。



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

2019/01/27

名作だから観てね♪ シティーハンター「愛と宿命のマグナム」ほか

 「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」公開に合わせて、2月1日、「日テレプラス」で、劇場版3作品、『愛と宿命のマグナム』、『ベイシティウォーズ』、『百万ドルの陰謀』が放送されるとのこと。\(^o^)/   どれも、物語、絵、音楽、全ていいですよね~。  見どころ満載、必見アニメです!!

『愛と宿命の……』は、ストーリーがすごくいい。  それに、何と言っても、注目は、劇中音楽「NINA」(作曲:矢野立美)!!   純粋な音楽としての「NINA」の素晴らしさは言うまでもないですが、この曲を軸に、父・娘の演奏シーン、戦闘シーン、決闘シーンなどが交錯する演出は見事!!   まさに「映像+音楽」の鑑といっても過言ではないと思います。

------------------------------------------------------------

この3作品のサントラは、『シティーハンター 愛と宿命のマグナム オリジナル・サウンドトラック(VDR-1618)』と、『シティーハンター オリジナルスペシャル・サウンドトラック #2 ベイシティ・ウォーズ、#3 百万ドルの陰謀(VICL-55)』の2枚ですが、一般にイメージする「サントラ」とは全然違いますよね。

サントラというと、普通、1分やそれ以下の短い曲がたくさん並んでる「映像そのまんまスタイル」が多いですけど、これは全曲3分以上。  「劇伴」であることに間違いないけれど、「シティーハンターをサウンドで表現すると、こうなる。音楽は音楽で勝負してる」って感じで、本当に聴き応えあるし、すごい贅沢な作りだと思います。

------------------------------------------------------------

で、CHから離れて、個人的な音楽趣味という観点からすれば、この2枚のCDの中で一番好きな曲は、『ベイシティ・サントラ』の「NEVER SAY GOODBYE」だったりします。(=^-^=)

残念ながら、映像の中では、ほんの少ししか使われてませんでしたけど、2005年発売CD『City Hunter Sound CollectionZ -Dramatic Album-』の「ミック編、新録オーディオ・ドラマ」で(←リンク先は昔のブログ記事)バッチリ使ってもらえて、すごく嬉しかったです。  もちろん、他の曲もみんな大好きですけどね。♪

------------------------------------------------------------

『ベイシティ・サントラ』には、神谷明さんの素敵なセリフ入り「TAKE ME BACK」も収録されてますが、作詞に「北条司、オオヤマジュンコ」の記載が。  「え? 原作者の詞?」……  だとしたら、この内容、すご~く興味深いですね。  この詞を書いた意図は何???

そして、「TAKE ME BACK」は、TVスペシャル『グッド・バイ・マイ・スイート・ハート』で、何ヶ所も使用されてます。  さっき、ラッシュで映像を観てみた限りでは、全部、「神谷さんのセリフなし」ヴァージョンのようですけど……

『グッド・バイ……』もTVでやらないかなぁ。  是非、初めての方に観てほしいです。  これ、絵が抜群に綺麗だし、ラストバトルの音楽「怒りの銃弾」も最高!!

------------------------------------------------------------

◆ 日テレプラス(衛星放送)放送スケジュール ◆

『愛と宿命のマグナム』
   2月1日(金)19:50
   [再] 2月5日(火)25:00、 2月8日(金)26:30

『ベイシティウォーズ』
   2月1日(金)21:20
   [再] 2月6日(水)25:00、 2月9日(土)4:10

『百万ドルの陰謀』
   2月1日(金)22:10
   [再] 2月6日(水)25:50、 2月9日(土)5:00



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

2019/01/10

わぁ、嬉しいなぁ \(^o^)/ 「シティーハンター・TVスペシャル」再放送!!

 アニメ『シティーハンター、TVスペシャル、ザ・シークレット・サービス』が、1月28日(月曜)25時59分から(←火曜日)、日本テレビ「映画天国」で放送されるとのこと。  これは絶対録画ですね!!  リョウ、香、海坊主など、いつものメンバーの活躍が楽しめるだけでなく、ストーリー的にも、すごくいいお話でお気に入り。(*^o^*)

そして、「ザ・シークレット・サービス」といえば、クライマックスの一番いいシーンでかかる「HUNTER IN THE CITY」(作曲:矢野立美)が、超、超、超絶カッコいい!!! ( ←詳細は、以前、こちらの「◆7◆」に書きました)   皆様も、是非、観てくださいね。

------------------------------------------------------------

2月8日公開の、『劇場版シティーハンター<新宿プライベートアイズ>』を記念した番組で、同作品の他に、アニメ「シティーハンター」シリーズの魅力や、映画の情報も紹介されるとのことなので、ますます期待大ですね。♪♪♪

ただ、放送が関東地方限定なのがもったいない。  是非、全国で観られるようにしていただきたと思います。  劇場版の『シティーハンター、愛と宿命のマグナム』は大傑作なので ( ←詳細は、こちらの「◆6◆」) 、これも放送してほしいですね~。  その他の劇場版やテレビスペシャルも、この際、全部放送していただけたら嬉しいです。



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif


|

2018/12/27

「シティーハンター」TVサントラ、高音質で再発売!!

 2019年2月27日、「シティーハンター」TVアニメ・サントラが、リマスター音源・Blu-spec CD2(高品質CD)仕様で再リリースとのこと。  CH1~3までのサントラ5枚だそうですが、これはすごいですね~!!

「XYZ」3種出た「City Hunter Sound Collection」も、オリジナルCDより音が良くなってましたが、それより更に音質向上するのですね。  しかも、「XYZ」には入らなかった曲もあるので、これは言うことなしですね~。\(^o^)/

映画だけでも一大イベントだと思ってましたが、なんか壮大な展開になってきましたね。  ただただ驚くばかり。 …… そして、私は…… 迷わず買うのであった。(笑)

そうそう、「XYZ」に入らなくて残念に思ってた曲のひとつが、『CITY HUNTER 3』サントラの「A LOVE NO ONE CAN CHANGE」。

これ、ミニドラマ付きで、冒頭から神谷明さんがめちゃくちゃカッコよく決めてるんですよ。  リョウが「悪党どもを震え上がらせる」んじゃなくて、私が感動で震えちゃいましたよ。  香も、海坊主も、冴子も、ほんと美味しい!! 4人のお声に聞き惚れてしまう大~好きな「ミニドラマ+セリフ」音楽。   しかも、楽曲そのもの(作曲:矢野立美)がまた渋くて超カッコいい。  年中リピートモードしてます。♪♪♪

神谷さんといえば、「LONELY LULLABY」も大、大、大好きな歌。  映像でもよく使われてて、これが流れてくると幸せな気分に。  今日は、CDから流れるリョウちゃんの甘~い歌声を聴きながら、「おやすみなさい」をします。(=^-^=)


★発売CDは、タイトル付きでリンクを張っておきますね。  ネットショップだと「シティーハンター」じゃなくて「CITY HUNTER」で検索しないと出てこないところも結構あるみたいです。

CITY HUNTER オリジナル・アニメーション・サウンドトラック

CITY HUNTER オリジナル・アニメーション・サウンドトラック Vol.2

CITY HUNTER 2 オリジナル・アニメーション・サウンドトラック Vol.1

CITY HUNTER 2 オリジナル・アニメーション・サウンドトラック Vol.2

CITY HUNTER 3 オリジナル・アニメーション・サウンドトラック



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

シティーハンター、仏実写版映画に日本の楽曲が!!

 フランスのシティーハンター実写版『Nicky Larson et le Parfum de Cupidon』予告、ご覧になりましたか?  とにかくオリジナルへのこだわりがすごいですね!!  ホントによく頑張ってるなぁと感心します。

最初にポスターが公開されましたが、まずリョウのあの洋服が目に飛び込んできて、おおっ!!  スタイルはいいし、鼻筋も通っていて、動画を観てると、角度によってはかなり似てますね。

香の顔は、「初期の香」という雰囲気ですね~。♪  しかも、海坊主は、ありえないほど そっくり。  本当にこういう方がいらしたとは!!

そして極めつけは、予告動画で流れる「FOOT STEPS」 \(^o^)/

海外作品で「矢野立美オリジナル楽曲」が使われるとは夢にも思いませんでした。  「よくぞ選んでくださいました!」と言いたいですね。  「FOOT STEPS」は本編でも使用されるとのことなので、ますます期待大ですね~。

これは絶対、映画全編観てみたいです!!  日本語吹き替え版が出る時は、是非アニメのオリジナル声優でお願いします。


【おまけ】
日本のオリジナル・アニメで、、「FOOT STEPS」が最高に決まってて 激燃え!の回といえば ……
「シティーハンター1」の『第32話 リョウ・死なないで!! ハードボイルドマグナム』
「シティーハンター2」の『第28話 槇村からのメッセージ 想い出は永遠に(後編)』
こういうの観てると、フランスで選曲されたことも すご~く納得!ですね。



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

2018/12/20

注目の『劇場版シティーハンター-VOCAL COLLECTION-』!!

 映画公開より一足先に、2019年2月6日、『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤)』 が発売されますが、「FOOT STEPS」、「FOREVER IN MY HEART」 収録と知って、わ~い \(^o^)/ パチパチパチ……  これは、期待せずにはいられませんね~。♪♪♪   矢野立美ファンとしては、両方とも劇場で聴けたら、マジ泣きものですよ。  この情報を得て、考えるより先に、速攻、ネットショップの購入ボタンを押してました。(笑)

もちろん、CHサントラは名曲揃いで全部大好き。  ちゃんと数えたことないですが、歌とインスト合わせて100曲以上ありますよね。  数だけでもすごいですが、クオリティがハンパなく高い点がもっとすごい!!

で、今回発売のCD!!  上記リンク先記載の収録12曲が劇中でどのように使われるかは、知る由もありませんが、曲目を眺めてるだけで、「この曲なら こんなシーン」、「あの曲なら あんなシーン」 みたいに夢が膨らんできて、空想の中でオリジナルストーリー完成!!  もう一人で勝手に盛り上がっちゃったりしてます。(笑)

「音楽を聴いただけで、実際に絵が見えてくるほどに、アニメと音楽が融合してた」という証拠なのでしょうけど、今回セレクトされた曲だけでも、こんなお遊びができるほどの楽曲ストックの充実ぶりに、改めてCHでの音楽の存在の大きさを実感しています。

それにしても、この曲順を考えたスタッフさんには拍手ですね~。(*^o^*)   ジャケとか眺めつつ、「VOCAL COLLECTION」を聴いたら、また新たな発見があるかもしれません。

……そんな寄り道はおいといて、とにかく、映画館の大スクリーンで、映像と共に、これらの曲が流れてくる瞬間を想像しただけでも、ドキドキ・ワクワクですね。(*^o^*)



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

『劇場版シティーハンター』、楽しみです!!

 2019年2月8日に「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開されますが、本当に楽しみですね~。(*^o^*)

何といっても、オリジナル声優が勢揃いとはすごい!!  リョウ、香、海坊主、冴子が変わらないのは本当に嬉しいですし、個人的には、美樹さんが「あの声」で聞けるのが 超楽しみ。(=^-^=)

映画のTVCMも観ましたが、テレビからCHが流れてくるなんて、これまた感激!!

予告動画ですが、「長~いブランクがあったけど、リョウも、香も、その間、ずっと元気にしてたんだ」と思えてきて、ちょっと感涙。  どんなストーリー展開が待ってるのか、公開が待ち遠しいですね。  実は、美樹さんがキャッツアイのカウンターを飛び越えるシーンが、密かな萌えポイントだったりして。♪ (笑)

で、CHといえば音楽も欠かせない。  EDテーマはお馴染みの「Get Wild」に決定で良かったですね。  やっぱり最後はこれでなくちゃね。  CDも発売されますが、早くも「ボーカルコレクション」の収録曲が発表になってます。  既存曲だから可能だったのかもですが、このスピーディーさにはかなり驚きました。  「音楽好き」としては、早速このニュースに食いついてしまったワケで(笑)、別記事にしましたので、「注目の『劇場版シティーハンター-VOCAL COLLECTION-』!!」をご覧くださいね。



★ シティーハンターのトップページ ★
    HPとブログのシティーハンター&エンジェルハート関連記事を、
    すべてこちらにまとめました。 CH・AHサイトマップみたいなものです。


★ エンジェルハート、シティーハンター記事一覧 ★
    当ブログで書いたAH、CH関連記事の一覧です。
    リンク先から、各記事に行けます。


line_1.gif

|

2016/03/30

ウルトラマンダイナ サントラ BOX、聴きました!! \(^o^)/

 3月30日、ついに『ウルトラマンダイナ O.S.T リマスターBOX』が発売となりました!!   やはり、過去のCDがひとつのボックスに収まるというのは感慨深いものがありますね。


各曲の感想は、以前からたくさん書いてますので、「ダイナ過去ログ」などをご覧くださいね。  スペシャルディスクについても、前の記事で少し言及してますので、今回は、書くとお約束していたリマスターのことと、座談会を中心にコメントすることにしますね。♪


         bar5-2


【リマスターの魅力】


 まだ時間がなくて、ごく一部しか聴いてないのですが……   キャハキャハ、やっぱり、ぜんぜん音が違う~ \(^o^)/  ♪♪♪
   音に立体感と深みがあり、楽器ごとのパートもくっきり。  楽器の余韻まで綺麗に聴こえてくる。  以前のCDは、「くもりガラス越し」だったのだと実感しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● Vol.1の「アスカ」、ギターのエフェクトがすごいですねー。  圧倒的パワーで迫ってきて、まるで嵐。  新旧比較すると、河口の波が、大海のうねりに変わったくらいに違います。


トランペット曲は、指の動きまで見えてくる感じ。  迫力だけじゃなくて、繊細な息遣いも伝わってくる。  ティンパニやシンバルは響きも抜群。  ドラみたいな音もはっきり聴こえてきちゃったりしてすごいですね。


ストリングスも、すっきりしたサウンドになってて綺麗だし、ピアノ曲はすぐ近くで聴いてるみたいで感動しました。(同じピアノでも、「僕の未来」は録音状態がいい。 ピアノの位地とか、スタジオの造りとかも関係あるのかしら?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● とにかく、18年目にして、目からウロコのすごいサウンド体験ができてしまったこと……、これはもう、ひたすら、高島幹雄さんに感謝するしかないですね。  ネットショップなどではいずれ試聴もできるようになるかと思いますが、試聴はファイルサイズ縮小のため変換したもので、CDはもっと高音質。♪  せっかく、高島さん&スタッフさんが頑張ってくださったのですから、是非、CDの良い音で楽しんでいただけたらと思います。


         bar5-2


【矢野立美先生座談会】


 座談会、とても貴重で、かつ興味深い内容ですね。  サントラは一人の力じゃできないですものね。  改めてそのことに気づかされました。


楽曲そのものの素晴らしさは言うまでもないですが、それだけではない。 このサントラはすごい。 何かが違う。 空気感が違う。 発売当時、そう感じました。  CDを手にしただけで、作り手の意気込みは、もう、ホントにひしひしと伝わってくるものがありましたね。  言葉にしなくても、受け取る側には、はっきり分かります。


いろいろな方のお力があったと思いますが、中でも藤田昭彦さんのご功績は本当に大きかったのですね。  心から感謝したいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● 私は「矢野サウンド命」の人ですが、今回ばかりは自粛モードにしときます。(笑) (まぁ、HPのお好きなところでも読んでみてください。 ほとんど、矢野サウンドのことしか書いてませんから … 爆)


そうそう、レコーディング時、笑っていたというエピソード、なんだか光景が目に浮かぶようで、こちらまで笑ってしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● あと、ミュージシャン名が分かったのはすごくよかったです。  「出動命令」の(M50)などは、エリック・パワー全開な雰囲気だと思ってましたが、やっぱりそうだったんですね。  ほかにも、お馴染みの方が活躍されていたことが分かり、大収穫!! (私、スタジオ・ミュージシャン大好き人間なので)


作った音楽に曲名がついたときの矢野さんのお気持ちが伺えたのも嬉しかったです。  そして、曲名に関しては、やはり早川優さんの抜群なセンスがものをいう!、という感じですよね。  サントラ構成も素晴らしいですし、解説文も、今読み返してみても、神業だなぁと思います。


         bar5-2


【最後に】


 時間の都合上、割愛させていただいたこともたくさんありますけど、本当に、随所に魅力がたっぷり詰まったボックスに仕上げていただいたこと、本当に嬉しく思っています。


最後になりましたが、企画構成をしてくださった高島幹雄さん、座談会を取材し記事をまとめてくださった腹巻猫さん、そのほかのスタッフの皆様、いろいろご苦労もあったことと思いますが、本当にありがとうございました。


今回、映画『ティガ&ダイナ』サントラが復刻されなかったのは残念ですが、高音質盤発売の夢と希望だけは、これからもずっと持ち続けていようと思います。  (詳細は『映画「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ」音楽に救いの手を!』の記事へ)



★ ティガ過去ログ、リストはこちら

★ ダイナ過去ログ、リストはこちら

line_1.gif

|

より以前の記事一覧